私小説的写真考
        ≪私小説的写真考≫

        ある写真サークルの中の会話から考えたこと。

        日本は政治的な面からは社会保障的観点に乏しく
        個々の人生、生活の結果の多くは「自己責任」「自助努力」にその原因を求める傾向にある。
        日本文学はそうした流れにあるのか、思考が狭く、袋小路に陥りがち。
        そうした社会的傾向は日本の文学に私小説と言う分野を開いたようだが。
        石川啄木の「時代閉塞の現状」はそう言う流れを批判したものらしい。

        その傾向は単に小説に留まらず、「日本の写真の世界に見られる傾向」との発言に出会った。

        私は写真についても(これまでやってきた陶芸や絵画も中途半端で何かと追及が浅い。)
        よくよく深く考えたことはなかったのだが、
        「そうなのか」と、これまで考えたこともなかった話だったので新鮮だった。

        現代は病み、豊かなはずであるのに満足感は得られず、
        個々はバラバラで孤独。
        共同体も、家族も壊れ、助け合う心に欠ける。
        嘆かわしいことだが、小説や写真等芸術は
        そういうことに対しての答えを探す作業でもあるはずだ。

        日本の写真界が私小説的傾向が強いか否かと言うことを云々できるほどの
        知識は私にはないので、その正否についてはわからない。
        が、写真を撮る上での、鑑賞する上での一つのヒントにはなった。
        スポンサーサイト
        【2017/09/12 10:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        ドキュメンタリー写真
        ≪ドキュメンタリー写真≫

        写真集などで知ってはいたが
        ドキュメンタリー写真の大家、
        桑原史成氏の作品を見る機会があった。
        水俣、韓国などを撮ったものが代表作である。
        そのまなざしは熱く、激しく、やさしさに充ちている。
        名も無き庶民に寄せる共感に満ちている。
        ドキュメンタリー写真っていいな。

        【2017/08/31 22:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        雨天・曇天
        ≪雨天・曇天≫

        天候不順が続いて、私の心も雨模様。
        気が滅入る。
        ふりだし、すべて清算して再出発しようかな。
        それには年をとりすぎたかな。

        【2017/08/19 17:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
        とんでもない人が…
        ≪とんでもない人が…≫

        とんでもない人が大統領だな、とニュースを見るたび感じるこの頃だ。
        野蛮で下品でインテリジェンスもほとんど感じられない。
        これが世界の命運を左右するかもしれない人なのだ。
        ぞっとしてしまう。
        これは冗談なの?これは現実なの?と思ってしまうほどだ。
        しかし、異常な人をリーダーにすえて狂気の歴史が繰り広げられたのは
        そう昔のことではない。
        ヒットラーがいい例である。

        彼が狂気のリーダーにならないことを祈りたい。
        【2017/08/17 18:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        人を隔てる壁
        ≪人を隔てる壁≫

        メキシコとアメリカの国境沿いにはトランプが作らなくても
        既にかなりの部分、壁は築かれている。
        その国境沿いの壁にまつわるドキュメンタリー番組を見た。

        不法移民でメキシコに強制退去させられた父と
        アメリカに残り、結婚し子(孫)をもうけた娘。
        娘も不法移民だから孫の顔を見せにメキシコに帰ることはできない。
        二度とアメリカに戻れなくなるかもしれないからだ。

        娘と父、孫は壁越しに再会する。
        壁には小さな隙間はあるから、会話を交わしたり
        顔を拝むことはできる。
        しかし、指先ひとつ通すことはできない隙間。
        このシーンを見ていて思った。
        人は会話を交わしたり、顔を見るだけでは満たされないのだ。
        抱きしめて互いの存在を確認したいのだと。

        流し?の歌い手である父は孫のために作曲した唄を壁越しに歌って聞かせる。

        切ないシーンだった。


        *メキシコは長い間スペインに支配され、独立運動の末、
        独立を勝ち取ったものの、その後はアメリカに長い間、内政干渉されているとのことだ。
        スペインからの独立運動を記録したディエゴ・リベラなどの壁画運動は大変有名だが
        メキシコの歴史を語るに欠かせないものだ。
        【2017/08/03 21:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        楽庭の夏
        ≪楽庭の夏≫

        今年はまあまあ庭の手入れをしている。
        花と庭木がほとんどの庭だが
        今年は少し野菜も植えた。
        茄子、ゴーヤ、唐辛子、万願寺唐辛子、カブ、ホウレンソウ。
        カブは狭い庭で日当たりが悪かったためか、×。
        その他は順調で、ゴーヤは職場の人たちに分けている。
        ゴーヤは苦手な人も多く、喜んでくれる人ばかりではない。
        私もレシピが限られているので
        飽きてしまって、もらってくれる人がないと困ってしまう。
        「酢の物にするといい!」と言う人がいたので
        ネットレシピで調べたら、確かに、「トマトとゴーヤのごま酢和え」は
        さっぱりしていて、酷暑に向く料理だ。

        今年はブルーベリーが豊作。
        市販のものより美味しいが、これも、なんだか少し飽きた。
        収穫のたび、こまめにジャムにして、毎回、味見しているためなのかなあ?
        今年はブラックベリーとラズベリーはほとんど収穫できなかった。
        少しだけ撮れたので、これをブルーベリーとミックスジャムにした。
        この、少しだけ採れたミックスジャムは妙に美味だった。

        花は3月ごろから次々といろいろな花をつけては散っていった。
        つくづく「花の命は短くて・・・」という語句が浮かんでくる。

        花は一巡し、おおかたは短い命を終えて、眠りについた。
        今は緑のジャングル化しつつある。

        秋は柿、そして1年ぶりのカボス。

        それが終わると、冬を迎える。
        冬は選定の時期。
        剪定や咲き終えた花等の片付けをしっかりとやると
        また、美しい春を迎えることができる。

        季節の行事は子供がいないためか
        イベントらしいことは何もしないから
        庭でだけ、季節の移ろいを感じる。

        庭をちらっとでも眺めない日は1日とてない。
        少々、しんどくもあるが、まあ、慰めでもある。
        【2017/08/02 11:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        不幸な国
        ≪不幸な国≫

        震災、豪雨災害と切れ目なく続いている。
        災害により、
        家を失った人。
        家も職も失ってしまった人。
        家族を亡くしてしまった人。
        不幸なことが続いている。
        こんななかでも国による救済があれば
        いくらかでも慰めにはなる。

        しかし、この国はリーダー自分たちのポストを守ることに汲々としていて
        本来すべき「お仕事」はお留守である。
        自分たちで選んでしまったとはいえ、不幸な国だ。
        【2017/07/25 22:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        The rose
        ≪The rose≫

        良い歌に出会った。
        Bette Midlerの「The rose」。
        30年くらい前の映画の主題歌らしいから
        以前にもどこかで聞いたこともあるかもしれない。

        単純なやさしい歌詞が哲学的で、
        「歌」になるとすごく力強く聞こえる。
        歌詞の全文を紹介したいけれど
        ネット上では著作権に触れるらしいので
        1部を抜粋する。(訳文)

        ・・・・・
        受け入れることができない者に
        与えることなどできはしない。
        ・・・・・
        あまりに孤独で言葉にならない夜
        ・・・・・
        君は思う
        運に恵まれ力を持つ者だけが愛を得ると

        少し思い出してほしい。
        冬の日を厳しく積もる雪の下 奥深く
        そこで眠る種は 太陽の愛と共に
        春の日には 薔薇の花となる


        現実の世の中は厳しく
        輝く太陽の陽も浴びることなく
        芽吹いたものの、花開くこともなく
        しおれて枯れてしまう草花もあるのだが
        希望を捨てずに 生きていきたいものだ。
        【2017/07/15 11:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        流れが変わるだろうか?
        ≪流れが変わるだろうか?≫

        都議選で流れが変わるだろうか?
        変わって欲しい。
        きっぱりしたもの言いは強いリーダーシップを思わせ
        現政権は支持率がまだまだ高い。
        私でさえ頼れる政権なのかと思い違いしそうになる時があった。
        しかし、きっぱりした言い方は、意見を異にする人々(国民)の声が
        耳に入らないということなのかもしれない。
        聴く気がないと言うことなのだろう。

        アメリカではオバマケアを廃止して、トランプケアが提案されているとのことだが
        トランプケアはアメリカ庶民をあらたな地獄に追い込む政策だと
        今日の新聞にあった。
        その中身さえ当のトランプ氏はほとんど知らないのだと言う。
        そんな大統領を支持しているのが、
        地獄へ突き落されるであろう庶民なのだから皮肉以外にない。
        【2017/07/08 10:27】 | 野菜について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        荘厳かつ厳粛
        ≪荘厳かつ厳粛≫

        最近、寝る前に、あるフルート奏者の曲をユーチューブで聴く。
        名前をRachmaninovというロシア人らしき女性。
        この人の若かりし頃、2、30年も前、ソビエト時代かなと思わせるモノクロ映像。
        曲名はラフマニノフのVocalise、
        グリックのMelody from Orpheusの2曲。
        荘厳かつ厳粛、と言う気がする。
        もちろん、同じ曲を他の奏者も演奏しているが、
        このひとのこの時の演奏を聴いてしまうと他は聴きたくない。
        胸にジーンと来る。
        泣きたい気分になる。
        決してウキウキする演奏ではないが、とても気に入っている。
        【2017/06/27 15:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        | ホーム | 次ページ