スポンサーサイト
        上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
        新しい記事を書く事で広告が消せます。
        【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
        学んだ国・学ばなかった国
        ≪学んだ国・学ばなかった国≫

        日本はヒロシマ・フクシマと2度も被爆しているのに学ばなかった。
        日本ではあまり評価されていない国だが、中国は原発に関しては
        被爆国日本の経験に学んだようだ。
        今後の中国はエネルギー政策について
        原発に依存することは止めて、自然エネルギーを推進していく道を選んだようだ。
        現在中国のエネルギーの原発が占める割合は3パーセント代。
        これを将来も5パーセント程度に抑える。
        そして、他は多くを化石燃料が占めているので
        それを太陽光や風力発電などの自然エネルギーに変えていくのだそうだ。
        指導部のコメントとして、以下のようなことが発表されたのは1ヶ月前くらいだっけ?

        「中国の国土は原発事故を起こしてしまえるほどに広くはない!」
        (コメントは記憶で書いているので、表現はもっと違っていたが、趣旨は上のようなものだった。)

        原発になぜか固執して、次々に再稼働する学ばなかった国との違いは歴然である。
        日本は自然エネルギーの研究ではかつては第1の国だったのに・・・。
        スポンサーサイト
        【2018/06/18 15:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        これほどとは・・・
        ≪これほどとは…≫

        圧倒的多数を国会で占めているアベ政権。
        もう、なにがあっても開き直って居座るつもりらしい。
        もう、完全になめられていますね。
        これほどひどいとは、、、。

        働き方改革(改悪!)では自民党、公明党、国民希望の党(でしたっけ?)と維新の党が賛成して押し切ろうとしている。
        数年後には過労死が増えてひどい事態をもたらすだろう。
        上記の政党が賛成したことを忘れてはならない。
        【2018/06/04 22:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        ブラックバイト
        ≪ブラックバイト≫

        ブラックバイトを始めた。
        時給にして200円から400円程度?にしかならない。
        説明会に出た時(その時はごく少人数を対象の説明会)
        「ここは最低賃金も出ないんですね!」と言ってみた。
        まあ、働く人の最低保証を守りたい、という私の立場としては
        ひとことぐらい言ってみなけりゃあ・・・ね。
        それで仕事が来なくてもいいや…と思っての発言。

        遠方で、時間も不定期で、いろいろ注文も多いバイト先。
        暇な時などに「仕事をください!」と申し込めばいいので
        そこはまあ、いいか。
        もっとも、こんな低賃金でもばあさんの私には、仕事はあまりこないのだが。

        シニアの仕事は選べない。
        男性ならガードマンとか駐車場の管理とか。
        女性なら掃除夫、スーパーの品出しとか。
        どれも楽ってわけではない。

        金にはならないがちょっと特殊なブラックバイト。
        昨日で2度目。
        もっとマシな仕事はありそうだけど
        もう少し、やってみよう。
        【2018/05/17 10:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        アナザーストリーズ
        ≪アナザーストリーズ≫

        この番組はあまり見ないが、今日の特集はフォト・ジャーナリストを扱っており
        感動した。
        ピリツァー賞で有名なベトナム戦争を取り扱った写真で
        裸で戦火から逃げる少女の写真がテーマだった。
        カメラマンはベトナム人のリック・ウット。
        私はこの写真はベトナムの人が撮ったと言うのは今日まで知らなかった。
        ただ、この写真が掲載された当時の新聞写真を見た時のことを思い出すことができる。
        私は中学生か高校生くらいだったかな?
        すごくショッキングだったのではっきり覚えている。
        1枚の写真がひどく心を揺さぶるものだと言うことを証明させるものだ。
        フォト・ジャーナリズムのような写真を目指している訳でもないが
        1枚の写真の威力、凄いなと感じる番組だった。
        番組制作もいつも以上に力が入っているような気がしてしまったのは考えすぎ?
        【2018/05/08 22:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        「火垂るの墓] 高畑勲氏
        ≪「火垂るの墓] 高畑勲氏≫

        アニメ作家の高畑勲氏がお亡くなりになった。
        30年ほども前、映画館で「となりのトトロ」と2本立てで
        「火垂るの墓」が上映された。
        たぶん、トトロの方を見に行ったんだろうけど
        私は「火垂るの墓」を見て涙が止まらなかった。
        ずうっと記憶の底にこのアニメがあって
        この制作をした高畑氏が亡くなったことをとても残念に思う。
        映画評論家のイーバート氏は、「アニメ映画はその最初期から、子供たちや家族のための『漫画』だった。しかし、それらの映画が存在するのは安全地帯に限られ、涙は誘っても悲しみを味わせることはなかった。『火垂るの墓』による感情体験は、アニメに対する考えを変えさせるほど力強い」と(ネットニュースよりコピー)評したそうだが、その通りである。
        今のような時代に1番、もう1度見てほしいアニメ、いや、映画作品だと思う。
        【2018/04/16 22:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        狂ってきている…
        ≪狂ってきている…≫

        自由の国アメリカもトランプ氏が大統領になって以来
        その看板がずれ落ちてきている。
        自分の影響力の及ぶマスコミ(かなり大規模らしい)に
        一言一句たがわぬ社説(?)のようなものを流させたらしい。

        日本も滅茶苦茶だ。
        森友学園のスキャンダルは官僚に泥をかぶらせ
        終結。
        ほとんどのマスコミが一件落着とばかり、官僚の喚問が終われば
        その後、そのニュースはほとんど流さない。
        何も解明されていないのに。

        マスコミはもう、落ちるところまで落ちたと言う感がある。
        ある著名なフォトジャーナリストも最近のマスコミの姿勢を嘆いていた。


        ああ、そう言えば長年とっていた朝日新聞は止めて
        東京新聞に切り替えてみた。
        東京新聞は記事にジャーナリズムの矜持を感じる。
        なんたって購読料も安い!

        政府や大企業に都合の悪いニュースを根気よく取り上げているみたい。
        (最近読むようになったので詳しくない。)
        そう言う姿勢のせいか、大企業の広告はほとんど皆無である。
        広告が小さい企業ばかりなので宣伝欄は地味である。
        資金繰りが厳しそうで心配してしまう。

        それにしても、憲法も、法も親分自ら
        ゆがめているのだから、教師は、親はこれから
        どう、道を説くのか?

        長いものには巻かれろ!
        空気を読め!
        青いこと言ってんじゃあないよ!
        てな感じ?
        (それなのに道徳が教科になったんですから、偽善も良いところ。)

        まだ、私のこどもの頃はもう少しモラルと言うものがあった気がする。
        狂ってきている。


        【2018/04/07 23:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        楽しむのは…
        ≪楽しむのは…≫

        今日、地元のアマチュアシニアコンサートを聴きに行った。
        フルート、オカリナ、篠笛、三線などの演奏。

        アマチュアだから、それなりの演奏だったけれど
        生演奏はそれなりに楽しい。
        特に篠笛が良かった。
        観客の拍手もひときわ、大きかった。

        いろいろな楽しみ方があるけれど
        発表者側になることがより、充実感が大きいだろう。
        鑑賞することも好きだけれど
        発表者側になりたいと思う。

        かつてはとても私も消極的な生き方しかできなかったが
        失敗を恐れていてもつまらない。
        恥ずかしいと言う思いを乗り越えれば
        私の作品(写真や陶芸)を評価してくれる人も現れる。

        楽器演奏はできないが
        鑑賞者より発表者になろう。
        【2018/03/24 22:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        このままでは…
        ≪このままでは…≫

        政治の世界が騒がしい。
        森友の文書改ざん問題。

        このまま政治家が居座り、責任を官僚に押し付けてしまうようでは
        日本の未来は真っ暗。
        こども達は何を信じ、何を目標に進めばいいの?

        責任を他人に擦り付け、厚顔に知らぬ存ぜぬ・・・で
        調子よく世間を渡るすべを見習えと言うのか?

        信念も、理想もない暗闇。

        大震災がおきても、復興も除染も金儲けの手段としか考えない連中が
        政治を牛耳っている。

        このまま居座りを許してはいけない。


        【2018/03/15 18:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        オリンピックは大成功、めでたしめでたし?
        ≪オリンピックは大成功、めでたしめでたし?≫

        小柄な日本人も頑張れば金メダルをとれる。
        冬のスポーツが盛んになってきたあかしともいえるかも知れないけれど
        2020年の東京オリンピックに向けて、
        スポーツ界にはかなりのお金が注がれているらしい。
        まあ、悪いことではないけれど、その資金
        私はもっと困っている人たちや
        教育政策、福祉などに回してほしい気もする。

        私は一杯観戦しちゃったけど
        あまりオリンピック、オリンピックと騒ぐのは好まない。
        平和の祭典と言いながら
        すごく政治的イベントだし、
        こういうお祭り騒ぎに国民が気をとられている内に
        為政者は悪い法案を通すことが常だからである。

        働き方改革とやらがそれだ。
        これは8時間労働制の破壊である。
        雇われている方が断然弱い。
        今は人手不足と言われているが
        それでも非正規労働者ばかりが増産されている。
        皆、不安定雇用に追いやられ
        現代の新たな奴隷制度の始まりと言う気がする。
        お祭り騒ぎが、だから、キライなのだ!

        今審議されている法案が通れば
        過労死認定は難しくなるらしいから
        ますます過労死を生むことになるだろう。


        【2018/02/26 21:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        春の声
        ≪春の声≫

        寒い日が続いているけれど、春はもうそこまで来ている。
        ワビスケ(椿)の花は花びらが寒さでちぢれているけれどたくさん咲き始めた。
        ムスカリや水仙、チュウリップなども枯葉の陰から芽を出している。

        寒いと言っても6,7年前は4月の声を聞いても庭には霜柱が立ったりしていた。
        今は7センチ程度の霜柱をたまに見るだけ。(今は前よりも朝寝坊をしているからかな?)
        温暖化の勢いも感じる。

        庭があると季節の声、自然の息吹が聞こえて来る。

        楽庭は多くが果樹である。
        カボス、キンカン、ブルーベリー、イチジクなど。
        そのほとんどをジャムにする。
        これがまた美味しい!
        昨年は1年間ほとんど手作りジャムで賄った。
        芳醇な香、味わいは幸せ感につながった。
        大袈裟に言えば生きる喜びさえ感じる気がした。
        大地からエネルギーをもらう、と言う感じがするのだ。
        厭なことがあっても、手製のジャムを味わう時、
        その時だけは辛いことも忘れることができた。

        これは市販の高級ジャムでも味わえないと思う。

        果樹の選定、庭の草取り・・・大変だけど頑張ろう。

        でも、いつまで続けられるかな?
        ちょっと不安。
        【2018/02/19 18:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        | ホーム | 次ページ
        上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。