私小説的写真考
        ≪私小説的写真考≫

        ある写真サークルの中の会話から考えたこと。

        日本は政治的な面からは社会保障的観点に乏しく
        個々の人生、生活の結果の多くは「自己責任」「自助努力」にその原因を求める傾向にある。
        日本文学はそうした流れにあるのか、思考が狭く、袋小路に陥りがち。
        そうした社会的傾向は日本の文学に私小説と言う分野を開いたようだが。
        石川啄木の「時代閉塞の現状」はそう言う流れを批判したものらしい。

        その傾向は単に小説に留まらず、「日本の写真の世界に見られる傾向」との発言に出会った。

        私は写真についても(これまでやってきた陶芸や絵画も中途半端で何かと追及が浅い。)
        よくよく深く考えたことはなかったのだが、
        「そうなのか」と、これまで考えたこともなかった話だったので新鮮だった。

        現代は病み、豊かなはずであるのに満足感は得られず、
        個々はバラバラで孤独。
        共同体も、家族も壊れ、助け合う心に欠ける。
        嘆かわしいことだが、小説や写真等芸術は
        そういうことに対しての答えを探す作業でもあるはずだ。

        日本の写真界が私小説的傾向が強いか否かと言うことを云々できるほどの
        知識は私にはないので、その正否についてはわからない。
        が、写真を撮る上での、鑑賞する上での一つのヒントにはなった。
        スポンサーサイト
        【2017/09/12 10:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        ドキュメンタリー写真
        ≪ドキュメンタリー写真≫

        写真集などで知ってはいたが
        ドキュメンタリー写真の大家、
        桑原史成氏の作品を見る機会があった。
        水俣、韓国などを撮ったものが代表作である。
        そのまなざしは熱く、激しく、やさしさに充ちている。
        名も無き庶民に寄せる共感に満ちている。
        ドキュメンタリー写真っていいな。

        【2017/08/31 22:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        雨天・曇天
        ≪雨天・曇天≫

        天候不順が続いて、私の心も雨模様。
        気が滅入る。
        ふりだし、すべて清算して再出発しようかな。
        それには年をとりすぎたかな。

        【2017/08/19 17:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
        とんでもない人が…
        ≪とんでもない人が…≫

        とんでもない人が大統領だな、とニュースを見るたび感じるこの頃だ。
        野蛮で下品でインテリジェンスもほとんど感じられない。
        これが世界の命運を左右するかもしれない人なのだ。
        ぞっとしてしまう。
        これは冗談なの?これは現実なの?と思ってしまうほどだ。
        しかし、異常な人をリーダーにすえて狂気の歴史が繰り広げられたのは
        そう昔のことではない。
        ヒットラーがいい例である。

        彼が狂気のリーダーにならないことを祈りたい。
        【2017/08/17 18:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        人を隔てる壁
        ≪人を隔てる壁≫

        メキシコとアメリカの国境沿いにはトランプが作らなくても
        既にかなりの部分、壁は築かれている。
        その国境沿いの壁にまつわるドキュメンタリー番組を見た。

        不法移民でメキシコに強制退去させられた父と
        アメリカに残り、結婚し子(孫)をもうけた娘。
        娘も不法移民だから孫の顔を見せにメキシコに帰ることはできない。
        二度とアメリカに戻れなくなるかもしれないからだ。

        娘と父、孫は壁越しに再会する。
        壁には小さな隙間はあるから、会話を交わしたり
        顔を拝むことはできる。
        しかし、指先ひとつ通すことはできない隙間。
        このシーンを見ていて思った。
        人は会話を交わしたり、顔を見るだけでは満たされないのだ。
        抱きしめて互いの存在を確認したいのだと。

        流し?の歌い手である父は孫のために作曲した唄を壁越しに歌って聞かせる。

        切ないシーンだった。


        *メキシコは長い間スペインに支配され、独立運動の末、
        独立を勝ち取ったものの、その後はアメリカに長い間、内政干渉されているとのことだ。
        スペインからの独立運動を記録したディエゴ・リベラなどの壁画運動は大変有名だが
        メキシコの歴史を語るに欠かせないものだ。
        【2017/08/03 21:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        | ホーム | 次ページ