春の声
        ≪春の声≫

        寒い日が続いているけれど、春はもうそこまで来ている。
        ワビスケ(椿)の花は花びらが寒さでちぢれているけれどたくさん咲き始めた。
        ムスカリや水仙、チュウリップなども枯葉の陰から芽を出している。

        寒いと言っても6,7年前は4月の声を聞いても庭には霜柱が立ったりしていた。
        今は7センチ程度の霜柱をたまに見るだけ。(今は前よりも朝寝坊をしているからかな?)
        温暖化の勢いも感じる。

        庭があると季節の声、自然の息吹が聞こえて来る。

        楽庭は多くが果樹である。
        カボス、キンカン、ブルーベリー、イチジクなど。
        そのほとんどをジャムにする。
        これがまた美味しい!
        昨年は1年間ほとんど手作りジャムで賄った。
        芳醇な香、味わいは幸せ感につながった。
        大袈裟に言えば生きる喜びさえ感じる気がした。
        大地からエネルギーをもらう、と言う感じがするのだ。
        厭なことがあっても、手製のジャムを味わう時、
        その時だけは辛いことも忘れることができた。

        これは市販の高級ジャムでも味わえないと思う。

        果樹の選定、庭の草取り・・・大変だけど頑張ろう。

        でも、いつまで続けられるかな?
        ちょっと不安。
        スポンサーサイト
        【2018/02/19 18:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        寒いね…!
        ≪寒いね…!≫

        寒いね、お天気も懐も!
        ブラック企業はイヤ!
        でも、利用しちゃうんですよね。
        服はユニクロ、出先でひとり食事をするときは
        コンビニイートイン。
        職場ではほか弁なんかも利用して、、、。
        あっちの店で買った方が10円安いとか、高いとか。
        世知辛いですね。

        週刊誌の広告には
        「今や日本は格差社会などではない、階級社会だ!!」
        という見出しが躍っていた。

        政治屋さんは「女性活躍社会」だとか言ってるけど
        実際には女性の待遇改善は進まず、社会進出も厳しい。
        TVのニュースで「夫婦別性」について取り上げていたが
        夫婦の「姓」をどちらかに一つにせよと法律で決めているのは
        世界広しと言っても日本がただ一国だけなんだそうです。
        宗教上で(慣習で?)同姓と定まっている国も一国だとか。
        あともうひとつのどこだったかの国が何かの理由で、ひとつ。
        私は「姓」についてはこだわっていなかったけど
        日本って結構、世界的に見たら異色の国らしい。
        明治政府がすすめた家制度を引きずらされているらしい。

        報道もどんどん委縮している感じだし。
        馬鹿話ばかりがTV番組を占めている。

        トランプ大統領はイギリス王子の結婚式には招待されないらしい。
        トランプ大統領が国内の美術館にゴッホのある作品を
        借り受けようと申し込んだら
        (歴代の大統領がお気に入りの作品を借りたりしているらしい)
        『スペインに貸し出す予定があるから
        「黄金の便器」と言う作品なら貸します!』と返事があったとか。
        「黄金の便器」とは貧富の拡大を批判する作品だとか。
        最近、厭なニュースばかりが多いが、こんなニュースを皆さんはどう感じるでしょうか?


        【2018/01/30 17:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        どか雪降る
        ≪どか雪降る≫

        どか雪が降り、今日は半日雪かきに追われた。
        昨日も無駄かもしれないと思いつつ雪かきをした。
        今日の雪かきが楽になるようにと。
        3,4年前の大雪で、
        家の前の雪が根雪となって2週間以上も残っていた記憶があり
        今回はそのようなことがないようにと頑張ってみた。

        疲れてしまって、いつもより足が痛む。
        私の弱点の足。

        雪をテーマに写真を撮るべきかもしれないが
        撮る気になれなかった。
        雪道を歩き回る元気が出ないから、面倒で撮る気になれなかった。

        あああ、スナップ写真も、風景写真も体力勝負。
        小説家も俳優も体力勝負、と思う。
        そうするともう、頑張れない先が見えてる気もして寂しいことである。

        体力があれば、自分に足りないものを
        努力で補うことも可能かもしれないのだが・・・。


        【2018/01/23 22:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        写真写り…
        ≪写真写り…≫

        私は写真写りが悪い。
        と言うより、素材が悪いのだろう。

        しかし。それだけでなく、自分では笑顔のつもりでも
        写っている顔は何か思い悩んでいるみたいに見える。
        顔が曇っているのだ。
        指摘されたので確認してみたら
        どれもこれも悲しい顔をして写っている。
        すごく楽しかった旅の写真なども、何か思い悩んでいるような顔・・・。

        たまたま、あるところに顔写真を提出しなくてはならず、
        適当な写真はないかと探してみたが、
        なにが悲しいのか、泣いているみたいな顔が多かった。

        でも、やっぱ、素材が悪い。
        どう繕っても美人には写らない!!


        【2018/01/18 22:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        あと何年?
        ≪あと何年?≫

        この頃、体力の衰えを感じる。
        持病のようなものも出てきてしまったし。

        酒を飲めばすぐ酔っぱらう。

        義父も義母も父も長寿だが
        このところ厳しい状況だ。

        人生100年時代に突入とのことだが
        人生を楽しめれば良いが
        唯ながらえるのみだとしたら、どうしたもんだろう?

        太く長く熱く生きられたら良いのになぁ。


        【2018/01/14 21:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        | ホーム | 次ページ