警戒しながら…
        ≪警戒しながら…≫

        冬枯れの楽庭に花はないが南天の実が色を添えている。
        また、カボスが数個、収穫しないでおいた実が残っている。
        寂しい庭だが、葉を落としたジューンベリーの枝に
        みかんを差し込んでおくと
        メジロやヒヨドリなどがみかんをついばみにやってくる。

        ヒヨドリなどは多少、警戒しながらみかん、南天の実、
        カボスの実をついばみに来るが
        割に落ち着いている。
        メジロはちいさな鳥で、強力な外敵に襲われでもしたら
        ひとたまりもないような、か細さである。
        そのせいだろう、常に「警戒怠りない」感じで実をついばむ。
        全く、落ち着かない様子で、きょろきょろしながらついばむ。
        油断怠りなく、小さな命をいたわりながら。


        メジロ


        自然界は敵だらけ、なんだな。
        翼があれば、自由気ままに空を飛ぶ…なんてのは
        人間の勝手な空想の産物である。

        私は無警戒で、隙だらけの人間だ。

        メジロのせわしなき生き方を見習わなければならないようだ。
        ぼ~っとして、誰も疑わず、のんびり、のほほんとしていたいのだが。



        なぜか、懐かしい歌が頭の中でこだまする・・・。
        歌詞よりメロディか・・・?


        遠い世界に(D)
        + 1964(昭39)赤い鳥 +

        作詞
        作曲 西岡 たかし

        1 遠い世界に 旅に出ようか
        それとも赤い 風船に乗って
        雲の上を 歩いてみようか
        太陽の光で 虹を作った
        ■お空の風を もらって帰って
        ■暗い霧を 吹き飛ばしたい


        2 僕等の住んでる この町にも
        明るい太陽 顔を見せても
        心の中は いつも悲しい
        力を合わせて 生きることさえ 
        ■今ではみんな忘れてしまった
        ■だけど僕達 若者がいる

        3 雲に隠れた 小さな星は
        これが日本だ 私の国だ
        若い力を 身体に感じて
        みんなで歩こう長い道だが
        ■一つの道を 力の限り
        ■明日の世界を探しに行こう









        スポンサーサイト
        【2014/12/29 16:43】 | 庭の仲間たち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        イルミネーションの不思議
        ≪イルミネーションの不思議≫

        ソーラー式のささやかなイルミネーションが
        楽庭を飾っている。
        この何日か、どか雪が降って、エネルギーのもとになる、
        ソーラーパネルが雪にうずもれてしまっている。
        でも、なぜか、ライトは時間になると
        点灯し、点滅し、ささやかな癒しを提供してくれる。

        イルミネーション ガーデンライト


        また、その足元近くには、これまた、
        ささやかなガーデンライトが灯っている。
        これなどはホームセンターで300円かそこらで
        買ったものであるが、かれこれ、2年は
        点灯し続けている。
        けっこう、これが、きれい・・・。素敵。
        これも、ソーラー式。
        だから、原発のお世話にはなっていない。

        それにしても、なぜ、パネルが雪にうずもれているのに
        光るの?

        ささやかなイルミネーションとサラ・ブライトマンの歌声が
        今の私の小さな慰め。
        【2014/02/16 23:46】 | 庭の仲間たち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        どか雪降る
        ≪どか雪降る≫

        ・・・すごい雪ですねぇ。
        どか雪が降りました。
        豪雪地帯では、これがずっと続くんですね。
        まあ楽庭あたりでは、積雪は珍しいので
        今日は何をするでもなく、外をぼんやり眺めてしまう時間が多かった。
        しかし、今日は休日だが、明日からの通勤を考えると
        心配になってきて、駐車場周りの雪かきを何度かやってみた。

        雪のドレス
           雪製のドレスみたい。以前、遊びで作ったミニ胸像も雪にお化粧されて、、、。。


        庭木が雪の重さで、ぐにゃりと曲がってしまった。
        シマトネリコの木に積もった雪は、何度か払ってみた。
        南天もぐにゃり。
        折れてしまう庭木もありそうだ。
        夜中も降り続くのだから、あきらめて、天に任せた。

        手づくりの陶製巣箱、猫はすっぽり雪に埋もれてしまった。

        巣箱に積もった雪
               午前中の巣箱。夕方にはすっぽり雪に埋もれてしまった。

        どか雪は根雪となって、当分、残りそうだ。
        事故も起きそうだ。
        野菜も雪害で値上がりしそうだね。
        そんな心配が頭をかすめる。

        雪だるまを作って遊んだあの日は、もう、もどらないのだ。
        決して・・・・・。
        【2014/02/08 21:09】 | 庭の仲間たち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        楽庭に新顔が仲間入りです。
        ≪楽庭に新顔が仲間入りです!≫

        連休は遠出しなかった。
        楽庭の手入れ、植木市などに出かけたり
        のんびり過ごした。
        また、今回も数種類の花など
        買い込んだ。

        新しく仲間入りしたメンバー紹介をします!

        楽庭のニューフェース
              この子もニューフェース 名前??

        フランネルフラワーのエンジェルスター、二重咲ホタルブクロ
        原種のガーベラ2種、ドウダンツツジ、
        面白いところでは「ニオイツツジ」など。

        ニオイツツジは本当にいい香りがするのだ。
        めずらしいし、花の色なども良い。
        植え付けるのが、大変だ!!

        一時、次々、雑多な植物を買ってきては
        植えた。
        いろいろ失敗もした。
        土地に合わないやゝ高価な種類の木などにも
        手を出して、結局、枯らしてしまった。

        しかし、楽庭は楽しい。
        植物の生きいきしている春から秋にかけては
        窓際の椅子に腰かけて
        ぼんやり眺めている時間の長いこと。

        今日は庭木の剪定をした。
        散髪したみたいに庭木たちが
        さっぱりとした。
        【2013/05/05 16:45】 | 庭の仲間たち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        入居者 募集中
        ≪入居者 募集中≫

        バラのオベリスクの上に
        やゝ、小ぶりの巣箱。
        小鳥ちゃんの入居、お待ちしております!

        巣箱1
               陶器の巣箱1

        でも、ちょっと小さすぎるのか
        設置した場所が低いためか
        ひと夏、様子を見たが
        入居者は訪れなかった。

        これは私の手づくりの
        陶器製の巣箱である

        まぁ、庭のオーナメントと思えば良いのかな?

        巣箱2
                  巣箱2

        ここからは自分の住まいのことなのだけど、、、

        振り返ると、
        何度か引越しを繰り返した。
        初めは、独身時代のアパート暮らし。
        アパートも1度、引っ越した。

        結婚して、賃貸公団住宅住まい。
        夫婦で、自由業思考で
        人生設計はきわめて
        場当たり的であったかも知れない。

        結婚してすぐに、二人とも、なんと、離職
        そして、半年弱のヨーロッパ美術館巡りの旅を
        決行してしまった!!

        帰国後は、数年間、貧乏暮らし。

        若かったから
        そんな無茶ができたんですねぇ。

        そんな時、安い賃貸公団住まいは救い!!でした。

        現代の若者がそんなことをしたら
        仕事に就けず、生涯、
        非正規労働者になってしまうかもしれない。
        ゆとりのない時代になったものだ。


        【2012/10/29 18:12】 | 庭の仲間たち | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
        | ホーム | 次ページ