幕末ブーム
        ≪幕末ブーム≫

        かつて歴史ドラマで幕末ものは
        ヒットしないと言われていたようだが
        今は違う。

        NHKの大河ドラマは「篤姫」から始まって
        「龍馬伝」「八重の桜」と幕末ものが続いている。
        1年おきくらいに幕末ものだ。

        なぜか水族館
        ( 関係ないけど水族館に行ってきました!)

        「維新」は「革命」ではないと言う人がいるが
        私はりっぱな「革命」だと思う。
        幕末頃は、百姓一揆も激発し
        ペリーなどの外圧がなくても
        内部から崩壊が始まっていて
        社会は新しい社会を切望していたようなのだ。
        そして、会津戦争や西南戦争など
        内乱が続き、多くの血が流された。


        現代社会はめまぐるしい。
        しかし、以前、新聞のコラムか何かで
        現代は確かにめまぐるしいが
        江戸時代から明治に移っていった時代は
        もっと、すさまじい価値観や社会の変化があったと
        記述があった。

        士農工商などの身分制度が廃止されたなどの
        政治的な制度の変更だけでも
        ものすごい変化。

        ちょんまげを断髪し、和服から洋服、下駄から靴、馬から列車
        飛脚から郵便制度など西欧文明が怒涛のごとく
        押し寄せてきたのだから
        身近な生活、風俗の変化は
        現代の生活がめまぐるしいと言っても
        その比ではないと思う。

        明治維新が革命か維新かは
        どっちでもいいとしても
        世の中が激変したことに変わりはない。
        スポンサーサイト
        【2013/04/25 23:41】 | この頃思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        チョウジソウは絶滅危惧種?
        ≪チョウジソウ 絶滅危惧種≫

        ガーデンショップでチョウジソウを見つけた。
        絶滅危惧種と紹介されていた。
        目立たない可憐な花だ。

        チョウジソウ
               チョウジソウ


        絶滅危惧種とあったので
        育てるのが難しいのかな?
        と思っていたのだが
        そうでもない。

        楽庭に植え付けて3年目だが、
        宿根草なので放っておいても
        芽が出てきて、今年も
        花を付けた。

        主張しない、つつましい姿が気に行っている。
        色も薄い紫系。


        オープンガーデン2
                あるオープンガーデンの一角


        一時は、かわいい花、ちょっと変わった花、あでやかな花
        いろいろチャレンジしてみた。
        気候が合わないような花にも手を出して
        やっぱり、ワンシーズンで枯らしてしまったものも多い。

        いろいろ育ててみて
        自分の好きな植物の色の傾向があることに
        気づいた。

        好きなのは、白、淡いピンク、紫系の花など。
        あでやかな真っ赤な花なども悪くはないが
        “うるさい”感じがしてしまって
        楽庭にはほとんど無い。

        あるオープンガーデンで
        知る人は知るお庭があるのだが
        こちらの庭は
        色彩がとても美しい。
        真っ赤はバラとか、真っ黄々のバラなどは
        意識して遠ざけている。

        この庭に魅了されて
        庭づくりの参考にさせていただいているが
        遠く及ばない。
        【2013/04/20 15:34】 | 花について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        1000年ぶりの活動期
        ≪1000年ぶりの活動期に生きる≫

        淡路島で、三宅島で、宮城県で
        震度5程度の地震が続けざまに起きた。
        不気味だ。

        日本列島は1000年ぶりに
        地震がおきやすい活動期に入ったのだと言う。

        ガーベラ7
               寄り添って咲く

        3.11後は震度3程度の地震は
        頻繁におきるようになったから
        慣れっこになってしまっていた。

        「ああ、3か。」
        といった感じ。

        でも、思い返してみると
        3.11前は体に感じる地震は
        今よりうんと少なくて
        震度3程度が起きても
        びっくりしたものだった。

        「ああ、震度3、怖い!」って。

        いつも怖がってばかりもいられない。
        慣れて鈍くなることも
        生きる上では重要な力にもなるのだろう。

        それにしても、
        1000年に1度のめぐりあわせに
        遭遇することになってしまった。

        日本のリーダーたちは
        それでも、原発推進だ。
        よっぽっど、楽天的な方たちなのだろう。
        【2013/04/18 23:31】 | この頃思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        翁 草
        ≪翁 草≫

        この冬、2度目の風邪をひいてしまった。
        かなり、辛い。
        年々、風邪は重くなり
        アレルギー性の咳を伴うように
        なって来ている。

        ひどい咳で血を吐くのではないかと思ってしまう。

        ちょこっと良くなる兆しがあると
        震える体で
        庭に出てしまったりする。
        それが、また、長引かせる原因かもしれない。

        翁草とうい花が毎年、宿根草なのか
        芽を出し、花を咲かせる。

        翁草


        葉や花は、びっしり白い
        産毛のようなもので覆われて
        頭をたれて花を咲かせることから
        翁草と命名されたようである。

        しかし、この花
        繁殖力はすごくて
        翁の名にふさわしくない気もする。

        花が咲き終わるとたんぽぽの
        綿毛のようになり、
        種子を飛ばしてあちこちに勢力を拡大するのだ。

        楽庭にはあちこち翁草が花を咲かせている。

        私も翁草の生命力にあやかり
        早く、元気を取り戻したい!
        【2013/04/13 13:03】 | 花について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        吉野家の牛丼値下げ
        ≪吉野家の牛丼値下げ≫

        株価はどんどん上がり
        円は円安に大きく下げ
        アベノミクスとかいうのが大成功!?

        でも、私の給料下がりっぱなし。
        もっと下げると言う流れが止まらない。

        公園
               失政で庶民の幸せをうばわないでね。

        こんな中、インフレ率2%だなんて。

        今の流れを賛美する声がある中
        この経済政策に警鐘を鳴らしている
        世界の識者もいる。

        どちらがこの経済政策を正しく見ているのか?

        識者は「失敗だった場合
        日本はかつてないダメージを受け
        もう、二度と立ち上がれなくなるかもしれない」、とも言うのだ。

        株に投資できる人は資産家だ。

        吉野家の牛丼、値下げ。
        このニュースの方が
        庶民のふところ事情を正しく反映している。

        北朝鮮のヒステリー外交・・・
        ああ、ろくなニュースがない!
        【2013/04/11 17:36】 | この頃思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        春の嵐
        ≪春の嵐≫

        今夜、日本列島を春の嵐が
        襲うかもしれないと言うニュース報道。

        どこにも出かけられなくなっちゃうかもと
        早めに用事を済ませ
        久しぶりの庭の手入れもした。

        玄関付近には夏ツバキの根元に
        一昨年植えたシバザクラが見事な株になって
        無数に花を付けている。
        また、その中心部には昨年植えた
        スノーフレークが花を咲かせた。

        シバザクラとスノーフレーク2


        ここだけはだいたい計画した通りに
        花たちは育ってくれた。

        他はどうかというと
        必ずしも計画通りと言うわけではない。

        雑草よりはいいから
        抜かないでおいたビオラなどが
        こぼれ種からあちこち芽を出している。
        グランドカバーに植えた○○(名前不明?)が
        芝生のあちこちから芽を出して
        調和を乱している。

        雑草よりいいけど
        そう言った生命力のある花たちが
        元気いっぱいにモグラたたきみたいに
        伸びてきていて
        にぎやかでいいが
        やっぱり、統一感ある美しい庭にするには
        手がかかりそうである。

        春の嵐が被害を出さなければいいが・・・。

        職場も春の嵐が吹きそうで
        おっかない!
        くわばら くわばら。
        【2013/04/06 15:24】 | 庭について | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
        | ホーム |