巾着田 彼岸花 コスプレ
        ≪巾着田 彼岸花 コスプレ≫

        彼岸花で有名な日高市の巾着田へ出かけた。
        花は少し盛りを過ぎて
        枯れてしまったものも多かった。
        しかし、何百万本もの彼岸花は
        今が満開、見頃というところも有り
        ぎりぎりセーフと言ったところだった。

        彼岸花3


        先週末がピークだったようだが
        人出が多く、日高市が一番、にぎわう季節である。

        彼岸花


        年々、見物客が多くなり
        だんだん、面白い人種も混じるようになってきた。
        外国人もよく見かけるようになったが
        今年はアニメから飛び出して来たようなコスプレの若者も。

        ドールちゃん


        写真のドールちゃんは
        彼岸花を背景に撮影する男子がいたので、
        便乗させていただいたものである。

        世の中、実にいろいろなご趣味をお持ちの方が
        いらっしゃるのだな、と思った。
        私などは、本当にありきたりな、おばちゃんなんだな。

        女装する人、各種コレクター、極地を旅する冒険家、
        世界の果てまで、サポーターするサッカーファンとか。
        今、思い浮かばないけど、趣味は実に多彩である。
        高校時代の同級生が「女子プロレスラー」になりたいと言った時も
        びっくりしたなあ!!

        いろいろだから、世の中おもしろいんだな。
        「自分の価値観を人に押し付けてはならない!」
        美輪明宏が「悩みのるつぼ」の中で、言っていたな。
        そう言えば、彼も元祖「女装」の麗人。
        自分の物差しで、人をはかり
        理解に苦しむことが、よくあるのだが
        「自分の価値観を人に押し付けてはならない!」
        肝に銘じておこう!
        スポンサーサイト
        【2013/09/30 18:14】 | 素敵な庭 紹介 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        スタジオジブリ 「火垂の墓」 監督 高畑 勲
        ≪スタジオジブリ 「火垂るの墓」 監督 高畑勲≫

        アニメ「火垂るの墓」は野坂昭如の小説が原作である。
        2,30年も前、宮崎 駿作「となりのトトロ」と同時上映されたのを
        たまたま、見た。
        なぜ、アニメを見たのか、思い出せない。

        ほたるの墓


        「アニメはこどもの見るもの」と言う気がしていたからだ。

        「となりのトトロ」は大好評だったが
        「火垂るの墓」は当時、同じ職場の20代の女子が
        「すご~く、暗い映画、トトロは良かったねぇ!」と評していたのを
        今でも、覚えている。

        私もトトロは夢のある作品だと思う。
        だけど、2本、一緒に見て、「火垂るの墓」を
        胸のつぶれる思いで見た。

        そして、名作だと感じていたので
        ああ、年下の若い人たちには、
        うんざりするほど暗い映画に映るんだ、と
        悲しかった。

        高畑勲 監督は「火垂るの墓」で知った。

        近く、高畑勲 監督の新作「かぐや姫の物語」が上映される。
        久々に、高畑勲 監督の作品を見に行こうかな。
        なんと、14年ぶりの新作だと言うことだ。
        【2013/09/26 02:05】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        宮崎 駿「おもいでぽろぽろ」は「わらび座版」がおもしろい!
        ≪宮崎 駿「おもいでぽろぽろ」は「わらび座版」がおもしろい!≫

        日本で、劇団四季とわらび座の二つだけが
        団員が他のバイトをせずに食べていける劇団であると
        なにかで読んだことがある。

        2年ほど前、秋田に行った時
        わらび座が運営する、田沢湖芸術村に立ち寄り
        宮崎 駿「おもいでぽろぽろ」を
        ミュージカル仕立てにしたものを見た。

        おもいでぽろぽろ2

        ミュージカルの方を
        先に見たためかも知れないが
        「おもいでぽろぽろ」は
        アニメよりミュージカルの方をおもしろく感じた。

        狭い舞台なのだが、小道具?大道具?も、
        面白く工夫されていて
        久しぶりのミュージカルをすごく楽しむことができた。

        おもいでぽろぽろ


        宮崎 駿「おもいでぽろぽろ」を
        わらび座がふくらませ、
        充実したものに仕上げたと思う。

        わらび座版「おもいでぽろぽろ」は好評で
        全国で上演されているようだ。

        近くで上演されるようなら
        面白いです!
        見てね!
        【2013/09/24 21:52】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        宮崎 駿 「風立ちぬ」は劇場でみるべし!
        ≪宮崎 駿 「風立ちぬ」は劇場で見るべし!≫

        出不精でもあり、映画館にはあまり出かけない。
        そんな私が、たまに出かけて
        前評判とは裏腹な作品に出会うと
        「失敗だった」「時間の無駄だった!」と思う。

        しかし、宮崎 駿「風立ちぬ」は劇場で見るべし!である。

        宮崎


        冒頭で「関東大震災」が描写されているが
        3.11の大震災がなまなましく甦ってくる。
        当然、宮崎 駿も、意識して描写しているはずだ。
        震災の怖さ、自然の破壊力。
        アニメならではの描写で
        脅威と破壊力を表現する。

        宮崎は「風立ちぬ」では「反戦」は「訴えない」
        とかいうコメントが新聞等で報道されていたように記憶するが
        私は、結構、静かに訴えているなと思った。

        せつない感じのロマンスの描写が美しい。

        随所にアニメならではの表現がされ
        集大成といえる仕上がり。

        他の宮崎の作品には結構、戦闘シーンがたくさんあるが
        この作品にはほとんど無かった。
        そのことも好感が持てた。
        昭和の暮らしの匂いもなつかしかった。
        【2013/09/16 22:41】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        光と影の詩人 藤城清治 被災地を描く
        ≪光と影の詩人 影絵作家 藤城清治 被災地を描く≫

        光と影の詩人として誰でも1度は目にしたことのある
        影絵作家 藤城清治の美術館が今年
        新たに那須高原に誕生したという。

        白樺湖などにもすでに氏の美術館はあるが
        この美術館は美しい庭園もある
        本格的なもののようである。

        初めて氏の美術館を訪れたのは白樺湖である。
        時間つぶしくらいの気分で入った美術館だったのだが
        氏のファンタスティックな世界に魅了されてしまった。

        オリジナルの技法で編み出された
        メルヘンの世界は、早くからマスコミで用いられ
        知らぬ人はいない。

        ことし89歳になられたようだが
        昨年、被災地を訪れ、作品に仕上げられ
        発表されたようだ。

        藤城清治3

        藤城清治

        藤城清治2



        「この大災害に遭遇し、これを絵にすることは
        同時代に生きた作家としての使命である。」
        と語る。

        防護服を身につけ、福島をスケッチする姿がネット上にも見られる。
        【2013/09/14 22:27】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        爽やかカボススカッシュ!
        ≪爽やかカボススカッシュ!≫

        九州に旅してカボスに出会った。
        我が家ではレモネードやレモンスカッシュをよく飲むので
        九州みやげに持ち帰ったカボスをスカッシュにしてみた。
        これが、爽やか!

        そこで、楽庭にも、カボスの苗を植えてみた。
        4年が経った。
        九州などの温暖な地域でないと育たないかと心配したが
        すくすくと育ち、昨年は8個くらい、収穫があった。
        今年は、30個以上はとれそうだ。
        スゴーイ!!

        2.jpg
                     カボスと冬瓜


        カボススカッシュの作り方
        ・カボス 1ケ~2ケ分の果汁
        ・炭酸水 1ℓ(あらかじめ、冷やしておくとよい)
        ・はちみつ 適量

        これを、混ぜるだけで、爽やかスカッシュの完成。

        夏バテにもききそうですぞ!
        【2013/09/11 22:10】 | 野菜について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        趣味こそ真剣
        ≪趣味こそ真剣!?≫

        「趣味こそ真剣」だったか、
        「趣味こそ命がけ」だったか忘れたが
        キャノンのCMに
        そんな感じのがあった気がした。

        だんだん先が見えてきちゃったこの頃
        わたしの夢ってなんだっけ!?
        実現したんだっけ!?

        ぼんやり生きてきちゃったから
        答えもはっきりしない。

        先が見えてきちゃったから
        これからは
        「趣味こそ真剣」
        「趣味こそ命がけ」
        で、行こうかな?


                   夕暮れの芙蓉

        このところは写真に力を入れている。
        なんとなく始めたのだけど
        なんか、勢いで、適当にやってるんじゃあ済まなくなってきちゃった!

        勢いで、今、流行りの、1眼カメラを買っちゃった!
        1眼レフよりは、まだ、まだだろうけど
        散歩のお供にはぴったりだ。

        お試しに今日、散歩に「連れて」行ったんだけど
        いつもと違う、写真が撮れた。
        「趣味こそ真剣」で行こう!!
        【2013/09/09 22:29】 | 写真について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        政治に今、一番、取り組んでほしいこと
        ≪政治に今、一番、取り組んでほしいこと≫


        田代山への登山道より
                田代山への登山道より

        連日、竜巻やら、大雨による浸水、土砂崩れなどで
        日本中が自然災害でめちゃめちゃである。

        フクシマではものすごい数値の
        放射能を帯びた汚染水漏れが大問題になっている。

        政治に今、一番、取り組んでほしいことは
        憲法をかえることでも、オリンピックを誘致することでもなく
        原発を再稼働することでは勿論ない。
        新たな高速道路や、新たな新幹線を造ることでもない。
        ハコモノを造ることでもない。

        今日、偶然聞いた、あるラジオ番組が
        オリンピックの招致に賛成か否かを問う、アンケートをとり
        その結果、賛成はわずか24%。
        反対がなんと76%という結果が出たと報道していた。
        もっと、別のことに力をいれてほしいと
        思っているのは私だけじゃあないみたいだな。


        今、一番にやらなくてはならないことは
        汚染水漏れを止めること、
        フクシマの原発被災者の生活再建、
        そして、自然災害に対する防災対策、
        被災した人たちの救済対策ではないのだろうか?

        東電は救済しても、原発被災者にはろくに手立てをとらない。
        こんな政府のもとでは、原発被害にも、自然災害にも、
        ただ、おびえて暮らすしかないのではないか?

        のんびり、ガーデニングのブログにひたっていたいのに
        連日、悲しい、辛いニュースばかりなので
        ついつい、こんなことをUPするしかなくなる。
        最近、ニュースを見るのがつらい。


        ヤマアジサイ
               ヤマアジサイの花

        ドイツでは再生可能なエネルギー対策に真摯に取り組み
        原発0をめざす方針にかわりはない。

        政治が何をめざすか、により、政策は全く、ちがうものになるようだ。
        【2013/09/04 21:39】 | この頃思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        避暑地 日光方面へ
        ≪避暑地 日光方面へ≫

        遅い夏休みをとって日光方面へ出かけた。
        日光がこれほど涼しく感じられたことはなかった。
        朝夕などは肌寒いくらいに感じたが
        それは、今年の夏があまりに暑いせいだろう。

        今年は湯西川温泉郷方面へ足を伸ばし、
        奥鬼怒、奥日光というコースで回った。
        2年ぶりに登山も。

        地図も用意せずに、軽いハイキングくらいの気分で登り始めたのだが、
        田代山湿原までは、ずーっと、急な山道できつかった!!

        でも、高度2000メートル弱の田代山湿原は、別世界だった。
        大パノラマが開け、北関東の山々を見渡すことができる別天地だったのだ。
        可憐な高山植物もあちこちに顔を出して。

        田代山湿原
               田代山湿原

        その後は緑、緑のグリーンシャワーの林道ぬけ
        奥鬼怒方面、湯ノ湖方面を訪れた。
          


        涼しくって、それだけで幸せ!!
        緑、緑のグリーンシャワー。
        すれちがう車も人もほとんどいない林道は
        少し怖いくらいだったが
        清々しい休暇になったのでした!!

        また、はじめて訪れた、湯西川温泉には、
        平家の落人伝説があり、「平家の里」というものがあった。

        1, 2年ほど前に宮島を訪れたことがある。
        平清盛が建設したという厳島神社を訪れることが、
        長年の夢だった。

        平家の里
               平家の里より

        「平家の里」は民具のような展示物が中心だった。
        落人となった、平家の人々のかなしい末期は
        あまり、知ることはできなかったが、
        良く手入れされた庭は清々しかったで~す。
        【2013/09/01 11:28】 | 旅便り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        | ホーム |