歌姫 サラ・ブライトマン First of May 若葉のころ
        ≪歌姫 サラ・ブライトマン First of May 若葉のころ≫


        久しぶりに歌姫 サラ・ブライトマンを聴いた。
        奇跡の歌声、天使の歌声、サラ・ブライトマン。
        素晴らしい曲、好きな曲はたくさんあるが、
        「First of May 若葉のころ」が特に好きで
        聴いているだけで泣きそうになる。

        歌詞は美しく、悲しい。
        ビージーズの曲をサラがカバーしているものだが、
        サラの天使のような女神のような歌声に
        悲しい歌だが、慰められる。

        とばなきゃぁ


        First of May (若葉のころ)

        When I was small, and Christmas trees were tall,
        we used to love while others used to play.
        Don’t ask me why, but time has passed us by,
        someone else moved in from far away.
        Now we are tall, and Christmas trees are small,
        and you don’t ask the time of day.
        But you and I, our love will never die,
        but guess we’ll cry come first of May.
        The apple tree that grew for you and me,
        I watched the apples falling one by one.
        And I recall the moment of them all,
        the day I kissed your cheek and you were gone.
        Now we are tall, and Christmas trees are small,
        and you don’t ask the time of day.
        But you and I, our love will never die,
        but guess we’ll cry come first of May.
        When I was small, and Christmas trees were tall,
        do do do do do do do do do…
        Don’t ask me why, but time has passed us by,
        someone else moved in from far away.

        *アルバム「LA LUNA」のボーナス・トラックとして収録されている曲



        スポンサーサイト
        【2014/01/28 21:38】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        TVドラマ 「足尾から来た女」
        ≪TVドラマ 「足尾から来た女」≫

        先日放送された、尾野真千子主演ドラマ「足尾から来た女」。
        他のことをしながらで、あらすじがわかる程度に見ていたが
        今年の夏、奥日光へ行った時のことを思い出した。

        足尾方面を見渡せる駐車場にいた時
        ふたりずれの男性の会話が耳に飛び込んできた。

        「福島も、今に足尾と同じようになる。
        結局、除染なんてできないから、住めない地域ができて
        放射線で汚染されたもののゴミ捨て場にされ
        住民は強制移住、住めない土地にされちまうさ!」
        と言うような内容だった。
             
           
        _DSC3304 2
                   沈む夕日


        足尾のことは田中正造のこと、足尾銅山から鉱毒が排出されて
        そこの住民は「大変だった」くらいの知識しか持っていなかった。
        しかし、この二人の会話で、それだけではなくて
        住むことのできない地区ができてしまったらしいことなどが伺えた。

        ウキペディアなどで調べると、今もなお、銅山が環境破壊を引き起こしていることなどが
        出てきており、大きな問題になっているらしいことが分かった。

        このドラマは、今なお続く、足尾の鉱毒問題だけではなく
        風化しつつある「福島」を忘れてはならないと、訴えているように思えたのだった。


        もうちょっと楽しいことをアップしようと思いながら
        いつも重くなっちゃうなあ、私のブログ・・・。
        【2014/01/27 20:59】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        都知事選 始まったけど
        ≪都知事選 始まったけど≫

        都知事選 始まったけど
        誰が選ばれるんだろ?
        もう、イメージや知名度だけで
        選ぶのは、いい加減、やめてほしいな。
        都民ではないから選択権がないのが残念だ。

        富士を遠くに
                  富士山を正面に見て


        猪瀬氏が最高得票で選ばれた時、
        「げっ!」と思った。
        あの人は、いわゆる「マッチ、ポンプ男」でしかなかった。
        高速道路かなんかの問題で名前を売ったけど
        なんの結果も生まなかった!

        それで、知事になったって、やっぱり、あの程度の男だった。
        オリンピック招致が決定してからの、ドヤ顔にも、げんなりだった‼


        イメージや知名度だけで
        選ぶのは、ホント、いい加減、やめてほしい!



        やはり、候補者の政策、信念、生き方をしっかり、見極めることだと思う。
        【2014/01/23 21:38】 | この頃思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        久々の女子会・・・ランチ
        ≪久々の女子会・・・ランチ≫

        久しぶりに雑司ヶ谷にて女子会、ランチをした。
        20年以上も続けてきた陶芸グループの女子たちとの
        久々の新年会である。
        私は今は休止というか、退会というか、作陶していないが。

        20年もよくもまあ、飽きずに続けたものだと
        自分ながら、ちょっと不思議な気もする

        絵画も、書も、写真も、あるいは演劇も、歌も皆々
        奥が深い。
        しかし、いい仲間、いい環境に恵まれたので
        続けられたのだと思う。

        今にして思えば、いろいろ勉強不足で、遠回りしたりして
        たいした作品は生み出せなかったように思うが
        幸せな20年間だったと思う。

        20年続けたことで、自分の自信にもなって
        この経験はわたしの財産でもある。

        ところで今日のランチ、フレンチだったっけ?

        前菜
        前菜

        デザート
            デザート


        そうだ、思い出した、フレンチレストラン オーボンコワン Restaurant Au Bon Coin だった。
        おしゃれだったし、なんといっても、おいしかったし、お手ごろ価格だった。
        久しぶりの雑司ヶ谷ランチだったが、とてもお得感のある食事会だった。
        満足、満足!
        【2014/01/18 21:24】 | 街歩き | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        冬の庭は寂しい…
        ≪冬の庭は寂しい…≫

        冬の庭は寂しい…が、春に向かっての準備期間である。

        楽庭も、夏の間はあまりに暑く
        そして、面倒になってしまって、
        ろくに芝刈りもしなかったのだが
        冬になって、ようやく、散髪ではなくて、芝刈りをした。
        さっぱりした楽庭の芝生スペースは、こんな感じ。

        楽庭 山手線



        写真だと広大な庭みたい。
        30坪くらいの芝生スペース・・・なんて見栄を張りたいところだが
        実際には、3から4畳程度である。

        芝生を囲んで、レンガ道!が引いてある。
        これを、楽庭では「山手線」と呼んでいる。
        そして、そこから延びる、レンガ道を
        東北本線だの、東海道本線だのと呼んで遊んでいる。

        面倒な庭仕事も、楽しんで、なんぼ、である。

        あと、2,3ケ月もすると、花たちがあちこちから
        芽をだし、楽しませてくれる。
        おいしい果実も、つぎつぎと・・・。

        楽しみである。
        【2014/01/11 16:08】 | 庭について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        あけましておめでとうございます
        ≪あけましておめでとうございます。≫

        あけましておめでとうございます。
        年末から年始にかけて、少々、ドタバタしていたためか
        今年が何年だったか、わからなくなってしまった。
        2015年だっけ?平成25年だっけ?

        年末から仕事で2014年の準備をしていたので
        もう、2014年は終わってしまったと、
        新年から、思い違いをしてしまっていた。

        故郷の海
        故郷の海


        こんな感じで、年があらたまった気がしない。
        やはり、多忙というのは、心を亡くすと書くが、
        やはり、自分を振り返ったり、心機一転をはかる機会を
        失ってしまうと言うことになるのかもしれない。

        だから、今のところは、何の抱負も、展望も浮かばない。

        まあ、これから、ゆっくりと考えていくことにしたい。

        どうぞ、今年もよろしくお願いします。
        【2014/01/08 22:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        | ホーム |