「アンのゆりかご―村岡花子の生涯―」を読んで
        ≪「アンのゆりかご―村岡花子の生涯―」を読んで≫

        NKHの朝ドラの種本、「アンのゆりかご―村岡花子の生涯―」が
        たまたま身近なところにあったので、借りてきて読んでみた。

        すごく面白くて、ほぼ1日で読み切った。
        読後は、こころにぽっとあかりを灯されたように、
        ほのぼのとした温もりのようなものがもたらされた。

        一人の女性の生き様が、厳しい時代背景と共に浮き彫りにされ
        描写されていた。

        著者は孫娘とのことだが、しっかりとした客観性を持って
        したためられていたことにも感心した。

        私も少女の頃に読んだ、「赤毛のアン」は
        イギリスの作家の作とばかり思っていたが、カナダ人の作品だった。

        村岡花子は明治半ばに生まれ、
        カナダ人の女性宣教師が運営するミッションスクールで
        カナダ式女子教育を受けた。
        当時の日本は大変、貧しく、その中にあって
        さらに女の地位は著しく低く厳しいものだったようだ。
        家庭の中にあって、「女中」のごときもの。
        いや、それ以下か?

        村岡 花子
        村岡花子

        このミッションスクールはキリスト教の布教と同時に
        このような日本の女の「地位向上」を目的に設立されたと言う。

        村岡花子は貧しい家に生まれながらも
        父の偏愛と極端な期待を受け、8人兄弟の中で
        ただ一人、高等教育を受けさせてもらったようだ。
        ドラマではどう扱われるかわからないが、
        長男は行き倒れのようになって亡くなったらしい。
        この1点だけでも、父の偏愛が伺える。

        教育を通し日本の女性の地位向上をはかるべく、設立されたキリスト教女学校。
        花子は寄宿生だったので、学問のみならず、生活スタイルなども
        カナダ式を学んだ。
        花子は父の期待、そしてこの女学校の申し子となって
        翻訳活動だけでなく、婦人参政権獲得、公娼廃止運動など
        社会運動にも加わるという、行動的な人になっていった。
        元祖女性DJ?にも、なって活躍したようだ。
        政治家では市川房枝、小説家では林扶実子、宇野千代等々たくさんの
        知識人と交流を持つ。

        花子と白蓮役のふたり
                花子、白蓮役のふたり

        第2次世界大戦時には英語は敵性言語、大変な苦労もあったようだ。
        戦争中は英語で書かれていると言うだけで、「焚書」した時代。
        全く、戦争ほど愚かしいものはない!
        現代のナショナリズムの流れが、また、
        この愚かしい時代を再現するのではないかと恐ろしい‼


        20代にして、ペンで身を立てた人だ。
        英語力は並外れていたし、翻訳のバックボーンには
        歌人の佐々木信綱に短歌の指導を受けたことなどが大きいようだ。
        訳文に広がりと深さをもたらすには、日本文学に深く通じるものがないといけないんだ!

        今回は活躍した部分だけを取り上げたが、
        その他にも、とても興味深い逸話もたくさんあった。
        機会があれば、また、触れたい。
        スポンサーサイト
        【2014/05/31 21:23】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        広いっていいね! フジプレミアムリゾートホテル
        ≪広いっていいね! フジプレミアムリゾートホテル≫

        週末は河口湖で、父と弟と待ち合わせ、家族旅行をした。
        父の移動は車椅子だったが、今はいろいろな観光地で
        バリアフリー化が進み、車椅子対応をしてくれるので
        それなりに十分、楽しめたと思う。

        利用したホテルも、広~い敷地に、たくさんの緑に囲まれた
        おしゃれなホテルだった。
        フジプレミアムリゾートホテル。
        お部屋もすごく広くて快適だった。
        V字型の窓が素敵で、緑にどっぷり浸ることができ、
        疲れた心を癒すことができた。
        ああ、広いっていいな、緑っていいな。
        心が解き放されるようだった!

        フジプレミアムリゾートホテル



        河口湖での待ち合わせ時間には、少し時間があったので
        前から行ってみたかった富士スバルラインで富士山5合目に行ってみた。
        朝晩はまだ相当冷え込むようなので、大丈夫かな?とも思ったが
        行ってみると、除雪され、昼間は快適な気温。
        富士スバルラインは初めてだったが、遠目に見る富士とはちがい、
        迫力を感じ新鮮だった。

        富士 5合目



        散策できるコースも、2,3ヶ所あり、楽しむことができた。

        明るい性格の弟と一緒に行動するのも、楽しい。
        弟は息子が二人いるが、家族は友達家族っていうのがぴったりで
        ワイワイにぎやかな明るい家庭を築いている。
        良い週末だった!
        【2014/05/27 19:14】 | 旅便り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        大飯原発 再稼働認めず
        ≪大飯原発 再稼働認めず≫

        福井地裁で大飯原発 再稼働認めずの判決。
        ようやく、まともな判決が出た。
        しかし、政治的には拘束力はないという。

        あのような大災害をもたらしたのに、
        またまた安全神話を振りまこうとしている電力会社、政府。

        電気料金と人の命は比べられないはずだが、
        コストがかかるから、原発を稼働しなければならん、
        という声も日に日に大きくなってきている。
        しかし、電気料金にしたって、再生可能エネルギーを真摯に追及しているドイツでは
        先日、かなりコストを下げることに成功してきてきたという報道があった。

        そもそも日本政府はやる気がないのだ。

        芝生2
                           芝生と猫


        マスコミは原発の恐ろしさを報道する一方で
        電気料金の値上げが、原発を再開できないからだ、みたいな報道もしている。
        原発事故処理に必要な莫大な費用、行き場のない原発ゴミ、
        40年はかかるという、廃炉の途上で、
        また地震や津波、台風、竜巻などの自然災害に襲われないとも限らない。
        それが、また、大事故につながらない保証もどこにもない。

        マスコミも広告料金で成り立っている企業。
        「大新聞などは、購読料なんて利益にならぬ、広告収入こそが
        利益を上げるものだ」と、マスコミ論を学習したときに知った。

        広告主の顔色を窺って、本当に報道しなければならないことが
        犠牲になっている気がする。
        【2014/05/23 23:15】 | この頃思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        再び 妙義神社へ
        ≪再び 妙義神社へ≫

        今日は再び 妙義神社を訪れた。
        約1ヶ月ぶりだ。
        今日はここでシンセサイザーのコンサートがあると知っていたので
        そのコンサートを聴くのと
        そして、写真撮影のために訪れた。

        神社のタンポポ


        樹 そら 雲


        コンサートはすがすがしい新緑の下
        樹陰に守られながら、その場にふさわしい曲が奏でられた。
        キム シン氏の演奏。
        パンフによれば、「音楽で地球を丸ごと包みたい」という抱負をお持ちのようで
        宇宙のような壮大なイメージを感じられた。


        やや、気になることもあったが、何しろ、素晴らしい環境と
        すがすがしいお天気に恵まれ、私は
        市井のつまらないあれこれを忘れて、しばし、聴き入った。
        樹と空と雲を見上げながら・・・。

        【2014/05/17 22:37】 | 旅便り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        ますます充実の歌声 森山良子 BS日テレ・地球劇場
        ≪ますます充実の歌声 森山良子 BS日テレ・地球劇場≫

        二日酔いで今日は何もしなかった。
        こんな日はテレビがお友達。

        谷村新司の「100年後の君に聴かせたい歌」というコンセプトの
        「BS日テレ・地球劇場」という歌番組を見た。
        この番組、初めて見たのだが、今回のゲストは森山良子さんだった。


        ギボウシの新芽
                 1か月前のギボウシの新芽。もう今ではすっかり大きくなってます!
         

        もう、とうに還暦をすぎているはずだが、素晴らしい歌声だった。
        「涙 そうそう」「この広い野原いっぱい」は知らない人はいない名曲。
        おとなの恋の別れを歌った「忘れていいの」。
        「30年を2時間半で…」は30年ぶりに偶然、再会した、もと彼、
        30年の時の経過もひとっとび、心は二十歳の時みたいに巻き戻し。
        コミックソングといった趣だが、
        「9分にもおよぶこの名曲は、元彼との数十年ぶりの再会を寸劇仕立てで、
        まるでシャンソンのような世界を繰り広げます」(番組ホームページより)


        「忘れていいの」「30年を2時間半で…」はどちらも、
        歌詞がとても味わい深い、おとなのラブソングだ。
        人生経験を重ねて、深い深い表現になっている。

        また、デゥエット歌うとき、相手の歌手と「一線を越えてしまう!」
        というトークも面白い。
        魂を込めて歌うと、歌っている時、「一線を越えてしまう!」のだという。
        還暦を過ぎたから笑って言葉にできるのだろう。

        圧巻はやはり、「さとうきび畑」。

        この重い政治的な背景を持つ歌は
        なかなか歌うことができなかったそうで、
        母に背中をおされて、ようやく歌うことができた曲だということだった。

        ほんと、100年後にも残したい歌ですねぇ。

        再放送も6月1日にありますよ。
        今度は録画予約しようっと‼
        【2014/05/10 23:28】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        蓮子は、白蓮だったのか…!
        ≪蓮子は、白蓮だったのか…!≫

        朝ドラはこのところ、ずっとヒットを続けているようだ。
        私も勤務先が近くなって、この数年、見ている。
        「あまちゃん」はストーリーより、タイトルの曲が大好きだった。
        途中から芸能界の話みたいになって、ちょっと白けた。
        「じぇじぇ」面白かったけど。

        「梅ちゃん先生」はやはり、タイトルのミニチュアのすごさに感激していた。

        今度の「花子とアン」はストーリーそのものが面白そう。

        今朝、仲間由紀恵演じる「蓮子さま」が柳原白蓮と知って
        俄然、面白くなってきた。



        柳原白蓮
        歌人 柳原白蓮


        大正、昭和のはじめを生きる実在の女たちが登場してくる。
        柳原白蓮は有名な歌人で白蓮事件としても、時代を沸騰させた女性である。
        今後の展開が期待される‼


        柳原白蓮のことは
        女たちの近代 - 柳原燁子と「白蓮事件」に詳しい。
        www5b.biglobe.ne.jp/~michimar/an/01.html
        【2014/05/06 11:36】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        富裕やすみ・・・冬やすみ
        ≪富裕やすみ・・・冬やすみ≫

        ゴールデンウイーク(と言うにはあまりに短いやすみ!)だというのに
        体調を崩して、家で休養をとっていた。
        もっとも、毎年、この時期はいつも遠出はしない。

        どこへ行っても混んでいるだろから
        陶芸をやっていた時期は、2日間くらいは陶芸三昧、
        残りは普段できない家事等に当てていた。

        NHKの「ニュース深読み」の前回の特集は
        「大型連休に考える“日本人と休暇”」だった。

        ゲストのデーブ・スペクターさんがダジャレで
        「ふゆうやすみ・・・富裕やすみ・・・冬やすみ」と言っていた。
        結局、ゆっくり休みを取れるのは、
        富裕層とか、大企業の正社員くらいで
        今や労働人口の半数近い人たちが、
        不安定雇用の立場に置かれているのだから
        優雅な休みを謳歌できるのは、少数の人たちだと言いたかったのだろうか?

        私の両親などは、高度成長の波の中で、働きづめ だった。
        こんなにも働かなくてはいけないのか?
        子ども心にも、考えたものだった。

        自分は貧しくても、のんびり暮らしたいものだと思っていた。
        でも、貧しかったら、のんびりできないのだ。
        「貧乏暇なし!」という通りだからだ。


        菜の花
               日がな一日、海を見て過ごすような時間が人には必要なのだ!

        ワーキンプアっていう言葉を初めて聞いてから
        随分、時が過ぎた。
        けれども、少しも改善されていない。
        それどころか、拍車がかかっている。
        政府に改善する気はない。それどころか、
        いまだに「自由な働き方」が選べるという詭弁のもと
        新たに、「残業代なしの成果主義」という制度を導入しようとしている。
        制限時間内に仕事を終えることができない人間は
        「効率的な」仕事ができていない!
        そんな奴になぜ、残業代を払わねばならないのか!
        というのが導入したい人たちの言い分なのだろう。

        残業には2割ほど、賃金を上乗せしなければならないという
        法律があるらしいので、
        「残業代なしの成果主義」は雇う側からしたら
        喉から手が出るほど、導入したい制度だろう。

        「残業代なしの成果主義」が導入されたら
        時間内に到底、終えることのできない仕事を押し付けられた上に
        「のろまな人はどうぞ、好きなだけ残業してください!」と言うのだろう。

        フランスなどでは5時の定時でしごとを終えるのが当たり前だし、
        「2週間以上の連続した休暇を与えなければならない。」と
        企業側に法律として義務づけている、と番組でも言っていた。
        バカンスというのは、そうした法から生まれてきた習慣なのだ。

        日本人は当分「ハタラキバチ」の名前は返上できそうもないようである。
        【2014/05/04 15:24】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        | ホーム |