蜷川幸雄 さいたまゴールド・シアター
        ≪蜷川幸雄 さいたまゴールド・シアター≫

        さいたまゴールド・シアターというのは演出家、蜷川幸雄が、2006年に創設した
        55歳以上限定のプロ劇団。現在の団員は平均、何と平均75歳という。
        この劇団のドキュメントをTVで見た。
        高齢者集団でどんな演劇になるか、興味があった。
        高齢者集団といっても、厳しいオーディションを勝ち抜いてきた人たちだから、
        年寄りなら誰でも団員になれるわけではないし、
        蜷川氏の演出はプロとしての演技を要求するものだった。
        決して、「老人だから、この程度」という演技では許されない、ホンマモンを追及する厳しさだ。
         演技は空に閉じこもっていたのでは話にならない。
        「ハダカ」になる勇気が必要だ。



        枯れてたまるか



        それにしても、老人たちが生き生きと水を得た魚のように、かつ、大胆に演技していた。
        全身全霊を掛けて!!
        こんなに夢中になれることは素晴らしい。
        「良い年をして」なんていうのは、「糞くらえ!」って感じだった。

        「枯れてたまるか、さいたまゴールド・シアター」だ。
        ステージを見てみたいと思った。
        スポンサーサイト
        【2015/02/20 17:46】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        もっと楽しく…
        ≪もっと楽しく…≫

        もっと楽しい記事をUPしなきゃあって思いながら
        いつも暗くなりがち。
        世の中、きな臭くなってきたし。
        私の気分もすっきり晴れないし。

        私、理屈っぽい?
        こどももいないし、まして孫など。
        一般の主婦たちとはおよそ興味が一致しない。
        料理の話や、子どもの話にはついて行けない。
        はやりすたれにも鈍感だし、人によっては避けたい
        退屈な人間に見えるだろう。


        雨上がり


        寂しいね。
        もっと興味を広げ、楽しいお友達をつくらなきゃあ!
        今更、無理?
        寂しいね。
        【2015/02/15 01:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        威勢がいいけど…
        ≪威勢がいいけど…≫

        アベさん、維新さん、威勢がいいけど…
        私は怖くてならない。
        威勢のいいことを強い調子で言い放つと
        多くの人は、しっかり、引っ張っていってくれるように
        力強く感じるようだ。
        維新さんはいつも「身を斬る改革!」と言う。
        それなら、共産党が言うみたいに
        「政党助成金」を返上し、そうしたことを廃止すべきではないだろうか?
        これこそがすぐできることではないか。
        政治資金?で怪しげなクラブ?のようなところの
        代金まで、支払っている政治家までいる。
        表に出ては来ないが、こうした滅茶苦茶な使われ方を
        じゃぶじゃぶ、されているのではないだろうか?


        紋様



        日本は70年間くらい、戦争のなかった国だ。
        第2次世界大戦以来、世界中のほとんどの国は
        戦争に巻き込まれているとのことだ。

        日本が戦火を浴びなかったのはひとえに現憲法があるからだ。
        その憲法を安易に変えていいのだろうか?
        アベさんは、それを変えようとしている。
        恐くてならない。


        【2015/02/12 23:12】 | この頃思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        時間ができそうだが・・・
        ≪時間ができそうだが・・・≫

        もう少しすると、勤務日が減りそう。
        収入もがくんと減りそうだが、
        自由時間も増えそう。
        怠け者だから、時間をあまりうまく使えない気がする。


        標識



        体がなまってしまっている。
        鍛え直さないと、趣味も遊びも楽しめないみたいだ。
        スポーツジムに行こうか。
        医者にも行く必要があるだろうな。

        倉庫の大掃除をしなきゃあ。
        家事はもう少し、やらなくちゃあならないだろうし・・・。
        旅にも出たい。
        写真を、もっともっと、真剣にやってみようか。
        もっと仲間もつくんなきゃあかなぁ?


        【2015/02/08 22:33】 | この頃思うこと | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
        俳優と郷里、そしてこころ
        ≪俳優と郷里、そしてこころ≫

        以前、西田敏行の演技はあまり好きではなかった。
        なんか、わざとらしいような気がして、演技に共感できなかった。
        しかし、彼の郷里が3.11で被災してから
        演技が変わった気がした。
        郷土を思う心が彼に変化をもたらしたのかも知れない。

        NHKの大河ドラマ「八重の桜」のあたりから
        そんな気がした。
        故郷を思う心、なにかしたい、なにかできないか・・・
        そんな思いが伝わってくる気がした。


        祈り



        後藤健二さんの死は大変に無念でした。
        彼のことは知らなかった私だけれど
        そう言えば、彼らしき人をTVの報道番組で見た気がした。
        イスラム国に単身、行くなんて無茶なことをしてしまった。
        彼のことを知れば、もっと活躍してほしい人だと思う。
        もっと命を大切にして欲しかった。

        アベさんは「イスラム国に罪を償わせる」などと発言した。
        邦人を救出するために、自衛隊を出動できるようにする、とかいう案も浮上して。
        そうすると、もう、日本は後戻りできない道へと
        突き進むことになってしまうのではないか?
        後藤さんの死が政治的に利用されるのではないかと危惧する。

        何と言っても、政府は早くから、後藤さんたちがイスラム国に
        囚われていたことを知っていたのに、
        首相は彼らの命を危険にさらすような演説をエジプトでしていたらしい。

        平和の大切さを説いていた後藤さんの死がそうしたことに使われたら
        さらに、無念なことではないか。
        最近は世界が不安要素にいっぱい包まれていて
        以前なら「外交努力で紛争の解決を図るべき」と言う声が主流だったのに
        今では、「武力」が前面に出てきた気がする。
        「積極的平和主義」って言うのも、私には
        「やられる前にやっちまえ!」と聞こえるのだが・・・。
        命を軽視せず、弱い人たちを大切にする政治へと
        舵を切って欲しい。

        【2015/02/04 17:51】 | この頃思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        | ホーム |