不幸な国
        ≪不幸な国≫

        震災、豪雨災害と切れ目なく続いている。
        災害により、
        家を失った人。
        家も職も失ってしまった人。
        家族を亡くしてしまった人。
        不幸なことが続いている。
        こんななかでも国による救済があれば
        いくらかでも慰めにはなる。

        しかし、この国はリーダー自分たちのポストを守ることに汲々としていて
        本来すべき「お仕事」はお留守である。
        自分たちで選んでしまったとはいえ、不幸な国だ。
        スポンサーサイト
        【2017/07/25 22:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        The rose
        ≪The rose≫

        良い歌に出会った。
        Bette Midlerの「The rose」。
        30年くらい前の映画の主題歌らしいから
        以前にもどこかで聞いたこともあるかもしれない。

        単純なやさしい歌詞が哲学的で、
        「歌」になるとすごく力強く聞こえる。
        歌詞の全文を紹介したいけれど
        ネット上では著作権に触れるらしいので
        1部を抜粋する。(訳文)

        ・・・・・
        受け入れることができない者に
        与えることなどできはしない。
        ・・・・・
        あまりに孤独で言葉にならない夜
        ・・・・・
        君は思う
        運に恵まれ力を持つ者だけが愛を得ると

        少し思い出してほしい。
        冬の日を厳しく積もる雪の下 奥深く
        そこで眠る種は 太陽の愛と共に
        春の日には 薔薇の花となる


        現実の世の中は厳しく
        輝く太陽の陽も浴びることなく
        芽吹いたものの、花開くこともなく
        しおれて枯れてしまう草花もあるのだが
        希望を捨てずに 生きていきたいものだ。
        【2017/07/15 11:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        流れが変わるだろうか?
        ≪流れが変わるだろうか?≫

        都議選で流れが変わるだろうか?
        変わって欲しい。
        きっぱりしたもの言いは強いリーダーシップを思わせ
        現政権は支持率がまだまだ高い。
        私でさえ頼れる政権なのかと思い違いしそうになる時があった。
        しかし、きっぱりした言い方は、意見を異にする人々(国民)の声が
        耳に入らないということなのかもしれない。
        聴く気がないと言うことなのだろう。

        アメリカではオバマケアを廃止して、トランプケアが提案されているとのことだが
        トランプケアはアメリカ庶民をあらたな地獄に追い込む政策だと
        今日の新聞にあった。
        その中身さえ当のトランプ氏はほとんど知らないのだと言う。
        そんな大統領を支持しているのが、
        地獄へ突き落されるであろう庶民なのだから皮肉以外にない。
        【2017/07/08 10:27】 | 野菜について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        | ホーム |