写真考
        ≪写真考≫

        人物を撮った写真で感動を呼ぶ写真とは
        どのようなものだろう?

        報道写真を見ていて思った。
        水俣や原爆被災者などをルポした写真。
        自然災害に出会い呆然とする人々を撮ったもの。
        あるいは戦火に逃げ惑う人々。
        このような被写体はどう表現されるべきものなのか?

        夕暮れ



        ただ、ありのまま撮ればいい訳ではないだろう。
        惨たらしい死体。
        さまざまな悲劇に遭遇し
        絶望的になっている人。
        このような被写体はどう表現されるべきものなのか?

        悲劇に遭遇した人々に寄り添う心。
        あるいはどんなに厳しい生活を強いられていても
        人間としての尊厳を見出せるような表現。
        で、ありたいと思った。

        銀座のニコンサロンで6日から報道写真家 
        桑原史成氏の「不知火海」が開催されているとのことだ。
        桑原史成氏を知らなかったが、
        この人の写真は、寄り添う心で撮られている気がする。
        見てみたい。
        スポンサーサイト
        【2013/11/06 21:52】 | 写真について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<敵意は・・・敵意しか生まない | ホーム | 東北 楽天 優勝おめでとう!!!>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/104-9d2aa9a4
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |