記憶だけを頼りに描く三陸鉄道の「未来図」 福島 尚さん
        ≪記憶だけを頼りに描く三陸鉄道の「未来図」 福島 尚さん≫

        大震災から3年が過ぎた。
        オリンピック招致などの大騒ぎを見て
        被災地の人は大震災は「過去」にされてしまったと感じたそうだ。

        今日はたまたま見たTBSのNスタ 
        『自閉症“天才"画家 記憶だけを頼りに描く三陸鉄道の「未来図」』を見た。
        震災を扱った番組としては心温まるものがあった。



        福島 尚
                 福島 尚さんの作品のひとつ



        鉄道を描く“天才"画家 福島 尚さんは埼玉の人で
        1、2年前に近くで個展を開かれた時に見たことがあった。

        大変に精緻で、大胆な構図の作品もあった。
        自閉症という障害から、言葉で表現することは苦手だが
        この震災の痛みを、福島 尚さんもしっかり受け止め
        被災地の人を励ましたいと
        復興した三陸鉄道の「未来図」を描いた。

        実際に取材に行ったのは積雪の三陸鉄道だが
        彼はそこから、桜咲く春の三陸鉄道をイメージして
        下絵なしで描き上げた。
        その不思議な能力にも感嘆するが
        桜の木の下で遊ぶこども達を描く時
        彼は本当に楽しげに笑い声をあげながら描いていた。

        そこには被災地の復興を願う
        混じり気のない心が現れていたように思う。
        スポンサーサイト
        【2014/03/11 20:01】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<ラジオ生活 | ホーム | 東松山市 高坂 高田博厚 彫刻の街>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/128-1646c40e
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |