ますます充実の歌声 森山良子 BS日テレ・地球劇場
        ≪ますます充実の歌声 森山良子 BS日テレ・地球劇場≫

        二日酔いで今日は何もしなかった。
        こんな日はテレビがお友達。

        谷村新司の「100年後の君に聴かせたい歌」というコンセプトの
        「BS日テレ・地球劇場」という歌番組を見た。
        この番組、初めて見たのだが、今回のゲストは森山良子さんだった。


        ギボウシの新芽
                 1か月前のギボウシの新芽。もう今ではすっかり大きくなってます!
         

        もう、とうに還暦をすぎているはずだが、素晴らしい歌声だった。
        「涙 そうそう」「この広い野原いっぱい」は知らない人はいない名曲。
        おとなの恋の別れを歌った「忘れていいの」。
        「30年を2時間半で…」は30年ぶりに偶然、再会した、もと彼、
        30年の時の経過もひとっとび、心は二十歳の時みたいに巻き戻し。
        コミックソングといった趣だが、
        「9分にもおよぶこの名曲は、元彼との数十年ぶりの再会を寸劇仕立てで、
        まるでシャンソンのような世界を繰り広げます」(番組ホームページより)


        「忘れていいの」「30年を2時間半で…」はどちらも、
        歌詞がとても味わい深い、おとなのラブソングだ。
        人生経験を重ねて、深い深い表現になっている。

        また、デゥエット歌うとき、相手の歌手と「一線を越えてしまう!」
        というトークも面白い。
        魂を込めて歌うと、歌っている時、「一線を越えてしまう!」のだという。
        還暦を過ぎたから笑って言葉にできるのだろう。

        圧巻はやはり、「さとうきび畑」。

        この重い政治的な背景を持つ歌は
        なかなか歌うことができなかったそうで、
        母に背中をおされて、ようやく歌うことができた曲だということだった。

        ほんと、100年後にも残したい歌ですねぇ。

        再放送も6月1日にありますよ。
        今度は録画予約しようっと‼
        スポンサーサイト
        【2014/05/10 23:28】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<再び 妙義神社へ | ホーム | 蓮子は、白蓮だったのか…!>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/140-f27c8046
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |