暑い! いや、熱い熱い恋文!「アンのゆりかご―村岡花子の生涯―」から
        ≪暑い! いや、熱い熱い恋文!「アンのゆりかご―村岡花子の生涯―」から≫

        異常気象が続いていますね。
        三鷹市ではものすごい量の雹が降ったりして。
        暑さは一休みってところですが・・・「アンのゆりかご―村岡花子」は熱い!

        今回は「アンのゆりかご―村岡花子の生涯―」第2弾・・・
        ちょっと、大袈裟ですね。

        花子の結婚は今なら、何と言われるだろうか?

        夫の儆三は出会ったとき、既婚者だった。
        儆三には結婚して間もなく肺結核を患ってしまい、
        療養中となってしまった妻と一子があった。

        当時はそうした妻はすぐにも離婚されてしまう時代であったらしいのだが
        クリスチャンの彼は3年あまり、療養中の妻とは別れずにいた。
        だが、花子と出会って、半年で再婚を果たした。
        「電撃婚」だ。
        このあたりはTVドラマとはいくらか違うが。
        全く、迷いのない出会いだったのだろう。
        運命的な出会いと言えるのではないだろうか。

        熱いふたり?
                      


        ふたりは結婚後、間もなく関東大震災に遭遇し
        儆三が経営していた出版社は借金を抱えて倒産。
        花子は一時的にしろ、自分の家族、儆三関係の親族をも
        養うことになってしまったらしい。

        苦しい時も、辛い時も「死がふたりを別つまで」四十数年を寄り添って生きた。

        「アンのゆりかご―村岡花子の生涯―」には
        ふたりが交わした熱い熱い恋文も数通、掲載されている。
        それは良質な恋愛小説のようでもある。

        花子はもともと強い女性のようではあるが
        儆三という伴侶を得て、たくさんの活躍ができたように思った。

        ああ、それにしても熱い恋文だ。
        うらやましいことである。

        甘い言葉も、優しいささやきも無縁になっちゃった、私。
        そんな私は、何か楽しみをみつけなくっちゃあ・・・、ね?
        さて、何を始めようか?
        スポンサーサイト
        【2014/06/25 17:05】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<不穏な時代がやってくる?? | ホーム | 会津訪問>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/150-cb90ce6b
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |