報道写真展を見て
        ≪報道写真展を見て≫

        2014の報道写真展を見た。

        「おなじ時代、おなじ空のしたに」・・・・報道写真展にふさわしいコピーだ。
        「おなじ時代、おなじ空のしたに」何が起きているのか、
        私たちは無関心であってはいけないのだが・・・・。

        「大賞」をとった写真もしみじみと訴えて良かったが
        私が1番こころを揺さぶられた写真は
        タスリマ・アクテルのバングラディシュでの
        崩壊したビルの犠牲者を撮ったもの。

        「倒壊したビルの瓦礫の中から見つかった2人の犠牲者」の写真。
        バングラディシュという貧しい国に生まれなかったら
        遭遇しなかったであろう、事故。その犠牲者。

        この悲運に、いかにも無念な表情を浮かべ
        抱き合ったような形で亡くなり、見つかったふたり。

        倒木



        まだ、見たのは3回だけだから、比べようもないが
        今年は良い写真がたくさんあったと思う。

        しかし、私にとって圧巻はこの写真。

        グローバル経済は世界にますます大きな歪を生み、
        弱いものを窮地に追いやり、強い者はますます、力をつける。
        これから、どうなっていくのか?


        このところ、ずっと、気が滅入りそう。
        努力しても、耐えても・・・通じない。

        「傷いて 傷つけて 報われず 泣いたりして・・・」
        この頃、ずっと歌い続けられている有名な歌の1節。

        心の中にぽっかり大きな穴があいてしまったみたい。


        スポンサーサイト
        【2014/07/23 17:11】 | 写真について | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<目を外に向けよう | ホーム | 朝ドラ 白蓮がついに出奔>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/156-b238363c
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |