自分へご褒美 南ドイツ・オーストリアへ
        ≪自分へご褒美 南ドイツ・オーストリアへ≫

        格安旅行なのだが、久々の海外旅行である。
        「○×記念 自分へご褒美旅行」である。

        久しぶりで、年取ったせいか心配性になり
        いろいろ準備に手間取り
        直前には出かけるのも面倒になってしまった。
        おまけに猛暑で体調は絶不調。

        でも、キャンセルも悔しいので行ってきた。
        かなり前にも南ドイツ・オーストリアへは行ったことがある。
        しかし、金なし、バックパッカーの貧乏旅行だったので
        物価の高い両国は、
        美術館だけ見て、そそくさと立ち去ってしまうと言うものだった。

        最近は、建築物やその国の暮らしぶりに興味が移った。

        格安ツアーではそんなことを観察している時間はないのだが。
        表面だけでも、少しは観察できたかな?

        ドイツってひろ〜い平野が延々と続いているんですねえ。
        北海道の美瑛をさらに、さらにずっと規模を大きくしたような
        農地や放牧地が延々と尽きることがないほどに続いている。
        EUで一番の工業国でありながら、
        農業、牧畜も盛んな国だってことが見て取れる。
        南ドイツでだけだが、何百キロとバスで走っても
        どの村々も美しく保たれ、日本で言ったら、
        きれいに飾り立てたペンション村がずっと続いているかのようだった。
        あばら家みたいな家を一軒も見なかったのは驚きである。

        ノイシュバンシュタイン城より
                  ノイシュバンシュタイン城より俯瞰する


        フランクフルト ホテルに隣接する公園
              フランクフルト   ホテルに隣接する公園

        オーストリア
             こちらはオーストリア チロル地方? だったよね。


        食糧自給率も高いのだろうな。

        レストランのメニューを見ると物価は消費税8%の日本の方が高い気がした。
        あちらは付加価値税?が19%くらいだというが。
        ネットで調べると、食品については7%だと言う。
        軽減税率が適用されているのだ。
        イギリスに至っては食品は0%だと言う。
        EUは税金が高いとよく言われるが、
        すでに食品に関しては日本が高くなってしまったことになる。



        日本人はいっぱい海外に旅行に出ているのに
        全然のんきだね。
        なんにも知らないのか、気づかないのか、私以外は金持ちなのか。
        呑気だねえ。

        4年間、フランスで仕事に行っていたと言う人が言っていたなあ、
        フランスは食品、安いよぉ!って。

        ドイツもフランスも、仕事はだいたい5時に終わるし、
        1ヶ月くらいのバカンス休暇があたりまえだし、
        ドイツの公園には育メンがいっぱいいたな。
        パパが育児にかかわるのは当たり前・・・公園を通れば、一目でそれが理解できる。

        高速道路はすべて無料とのことである。
        日本でも、一時、そんなことを言っていた政治家がいたけど
        あれ、どうしたの?
        医療費、教育費も無料。

        ドイツでできることがどうして日本ではできないの?

        ブラック企業が大手を振っている日本って、何なの?って思わずにはいられない。

        ドイツは経済大国だが、経済の規模はもしかして日本の方が上かもしれない。
        でも、国民の幸せ度は、調べなくてもわかる気がする。  

        こんなことばっかり、考えたりしてる私って、リゾートできない人かな?

         つづく
         
        参考までに

        世界の穀物自給率
        オーストラリア 279%
        フランス 191%
        アメリカ 133%
        ドイツ 126%
        イギリス 112%
        インド 107%
        中 国 94%
        北朝鮮 53%
        日 本 27%
        国連FAO「食糧需給表」より
        スポンサーサイト
        【2014/09/03 18:09】 | 旅便り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<ドイツ・オーストリア 旅の印象 2 | ホーム | 目安箱と市民運動>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/161-180fff3d
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |