ドイツ・オーストリア 旅の印象 2
        ≪ドイツ・オーストリア 旅の印象 2≫

        ほんの1週間余り旅しただけなのだが
        帰ると、少しの間、日本人ばかりだってことに
        違和感を覚えた。

        ああ、単一民族の国だったな。
        なんか息苦しい気がした。
        右向け右の、狭い世界。
        「空気が読めない!」とかなんとか、やだな!

        ヨーロッパを旅するといつも思うことは
        街も村も色に統一感があって美しいと言うこと。
        色彩の氾濫と言うことがない。
        カラーコーディネイトがあたりまえにできている。
        それだけでも、すごいと思う。


        街並み2
                  ネルトリンゲンの広場


        窓飾り
                  ネルトリンゲンの窓


        ドイツやオーストリアは比較的、日本に近い国なのか
        なじみやすかった。
        ラーメンみたいに手軽に、ハンバガーみたいな軽食が
        スタンドでとることができたりして便利。
        朝食のソーセージやパン、チーズ、ハムはどこも美味しかった。
        (ツアーのいいところは日本人に合いそうな食事を選定してくれていることだね。
        今回もいろいろ工夫されていて、フレッシュなサラダやデザートがほとんど
        ついていたし、ラザニア風のメニュー、魚料理など、美味しかった。)

        それから、イタリアみたいにレストランで席料みたいなものは取られないみたい。
        イタリアじゃあ席について食事をとると、軽食でも、妙に高くつく。
        だから、座る人は少なくて、店はがらんとしていたりすることが少なくない。


        ドイツはきれい好きで、几帳面そうで治安も良い。
        トイレは有料のところが多かったけど
        水を流すと便座がくるくるまわって
        清掃されるのを、初めて見た。
        日本人より、もしかしてキレイ好き?
        通過した街や村、とてもきれいに手入れされていた。
        警戒しながら歩く必要もない。

        イタリアなどはレストランでも、ボーとしていると
        注文もしていないものを、勝手に運んできたりするような
        ぼったくりみたいなことをする店があったりするが
        そんなこともない。
        テルミノ駅前だったか、おしっこ臭くて、げんなりしちゃったけど
        そんなこともない。

        私はラテン系よりゲルマン系が好きみたい。

        ネルトリンデン
                   ネルトリンげンの街を教会の塔から俯瞰する

        景観を美しく保ちたいと言う情熱は徹底されていて、
        中世風な街並みをとても愛しているようだ。
        建物を戦火で焼かれても見分けがつかないくらいに再建している。

        シュテファン寺院の前に現代的なビルを建ててしまうオーストリアとは
        そういう美意識については少し違うようだった。
        ドイツから国境を越えてオーストリアに入ると
        街並みに変化を感じる。
        現代風な工場は日本と同じような建物。
        古い建築物と新しい建築物が混在している感じがして
        日本の街並みを思い出させた。

        もっとも、ウィーンの有名なリング通りは、
        ハプスブルグ家が大輪の花を咲かせて
        巨大な歴史的建造物をつくり、壮観である。

        支庁舎2
                ウィーン 支庁舎 大きくて全体が写せない。

        オーストリア 国会議事堂
                ウィーン 国会議事堂なのだが、写真では大きさが出せていない。ギリシャ風なのがすごくいい。
         


        空気が乾燥しているので写真もくっきりだ。
        スポンサーサイト
        【2014/09/05 18:25】 | 旅便り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<ルートヴィヒ2世はベルばらの読みすぎ?  旅の印象3 | ホーム | 自分へご褒美 南ドイツ・オーストリアへ>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/163-56424b84
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |