絵師 長谷川等伯
        ≪絵師 長谷川等伯≫

        NKH BS 「英雄たちの選択」で珍しく、権力者ではない
        絵師 長谷川等伯を取り上げていた。

        等伯の代表作「松林図屏風」は近世の日本美術の頂点だと思う。
        はじめて美術館で見たのは、もう何十年も前のことだ。
        その時、その絵に何の知識もなかったが、
        その絵の深さに言い知れぬ感動を味わった。

        等伯はその時代の絶対的御用絵師、狩野派を揺るがす存在となる
        長谷川派を起こし、日本美術に大きな足跡を残した。



        松林図2


        松林図1



        しかし、番組では等伯は昭和に見直されるまで
        永らく忘れられた存在だったと言うのだ。
        狩野永徳の孫、狩野探幽などにより
        意図的に画家としての存在を消された形跡があると言うのだ。

        絶対的御用絵師、狩野派そして狩野探幽は、等伯没後も
        彼の絵師としての技量、功績を脅威として恐れ、
        等伯の絵を狩野派の作として「鑑定」したりしたと言う。
        また、等伯の落款が消された作品が見つかったりしたことなどで
        等伯の足跡を消そうとした者たちがいたらしいことも確認されている。

        それだけ、彼の絵師としての存在を恐れたらしいのだ。

        また、尾形光琳の「紅白梅図屏風」も等伯の作風を受け継ぐものとして
        絵画空間を解説したのも面白かった。

        1.jpg



        私の好きな「柳橋水車図屏風」も長谷川派の作品だと言うことも知り
        大変、興味深い番組だった。
        スポンサーサイト
        【2014/10/16 21:45】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<癒しが… | ホーム | こども時代の夢>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/172-50f5b8d7
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |