北朝鮮の脅し外交
        ≪北朝鮮の脅し外交≫

        お隣の困ったさん、北朝鮮。
        原爆の開発で脅し外交。
        やけくそみたいで何をするかわからない国、困ったさん。

        昔、あるジャーナリストが言っていた。
        「『読売・ヨタキジ  毎日・眉唾  朝日・偽紳士』
        大新聞は皆、スポンサーの顔を見て記事を書くから
        信じたら、あきまへんでぇ‼!」と。

        大学で「コミュニケーション論」(だったと思うけど)を学んだ時に読んだ本に
        「シェアが大きくなるほど、運営費がかかるからスポンサーに頼る。
        新聞社の運営費は購読料ではない。コマーシャル代だ。」
        とあったと記憶する。

        実際、新聞勧誘員は「2ヶ月分の購読料まで、お客さんは負担せんでええ。
        新聞社の運営費は購読料じゃあないんよ、コマーシャル代なんでっせ。
        そやから、新聞、とってえな」
        みたいなことを言って勧誘してきた者もいた。
        新聞記事は読者の立場で書かれているのではない、
        と言っているようなものである。


        原爆と原発は別物ではあるが
        原発の再稼働を支持している人は少ない。
        反対している人の方がずっと多いのに、政府は粛々と再稼働を進めている。
        シールズのシュプレヒコールじゃあないけどじゃあないけど
        「民主主義ってなんだ?」

        同じく大学で学んだこと。
        「法学」では
        「個人の自由と公共の福祉」についてレポートを書かされた。
        参考に読んだ本の骨子が今も私の心に響いている。
        それはこう言うことだ。
        「公共の福祉を理由に個人の自由が制限されることがありがちだが
        それはあってはならないことだ」と言うようなことだ。
        「あってはならない」までは、書かれていなかったと思うが
        微妙なバランスの上に成立する個人の自由は、常に制限される危険がある
        ということだったと思う。
        それは常に「二律背反」する。

        最近「公共の福祉のため、多少の個人の自由は制限されることも
        止むを得ない」と言うマスコミや政治家が増えてきた。

        お隣は本当に酷い国って気がするけど
        先進国の一員たるアメリカ、日本だって結構、狂っていると思う。
        自由なはずの日本だが、私の目には結構、ゆがんだ部分が見えてくる。

        思わず、ながなが書いてしまったが、ほとんどの人は「何言ってんねん」って感じだろうな。
        空しくなるね。
        スポンサーサイト
        【2016/09/10 11:24】 | この頃思うこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<川柳集との出会い | ホーム | 島へ>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/235-58352c12
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |