さくら
        ≪さくら≫

        気分転換にお花見に出かけた。
        車を運転しないから
        あまり出かけない。
        決して行動的ではない。

        桜は古木が良い。
        幹の渋さと花びらのみずみずしさ。
        私はお花見をゆっくりする時間がこれまでとれなかった。
        いつもそのシーズンは忙しくて、あわただしく過ぎていた。
        仕事をうんと減らして、ようやく、桜を見る時間が取れるようになった。

        綺麗だなと思いながら、ゆっくり見る時間はなかった。
        だから、名木と言われる桜は見たことがなかった。

        やはり古木は素晴らしい。
        時を刻んだその姿に人生を重ねて見ることができる。
        束の間、すべてを忘れてその美しさに見とれた。
        スポンサーサイト
        【2017/04/10 23:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<ある写真展 | ホーム | 厭な時代、厭な空気>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/264-8451cf9c
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |