ある写真展
        ≪ある写真展≫

        先日、ある写真展を見た。
        アマチュアのグループ展だが素晴らしかった。
        グループ展だが統一したテーマのもと
        それぞれがそのテーマに沿って組み写真を構成していた。

        この頃、世の中がキナ臭い。
        危機意識を持ち、平和を願うこのグループは「平和」を希求するべく
        テーマをこの点に据えた。
        大きいものはA1くらい、小さくてA3ノビ。

        この手の作品展は「スローガン」はりっぱだが
        中身は今ひとつと言ったものが少なくない。
        しかし、この作品展は良かった!

        「石の鐘」と言う作品は特に私の胸を打った。
        この組み写真にはたまたま通りがかりに見た人も感動して
        「この写真集が欲しい!買いたい。」と申し出ていた。
        このグループはそれぞれの作品を手づくりの作品集にしていたのだ。


        「石の鐘」は長野の称名寺の梵鐘である。以下、その概要。
        長野県の北部、信濃町と飯山市との境にある集落・富濃。そこにある浄土真宗本願寺派称名寺には「梵鐘記念 昭和十七年十月」と刻銘された石が吊るされています。
        昭和16年に公布された国家総動員法にもとづく金属回収令によって、生活のなかにあるあらゆる金属類は根こそぎ回収。称名寺の梵鐘も、昭和17年、門信徒の手によって戦地に送られました。大砲の弾丸になったとも言われています。門信徒は寺の近くにあった石をそこに吊るしました。70年以上を経たいまも「石の鐘」はそのまま沈黙しています。
        なぜ、石の鐘のままにしているのか。こたえのてがかりは、この寺の女性の僧侶、佐々木五七子さんの、この言葉。
        「いま、世の中は平和ですか? 平和ではありませんね。こうしているあいだにも、戦車や爆撃による殺し合いで、なんの罪もない子どもや老人、赤ちゃんまでもが死んでいます。そういう戦争がなくなったら、石の鐘は下げてとりかえましょう」

        この写真の前で胸が熱くなった。
        私もこんな写真が撮りたい。
        スポンサーサイト
        【2017/04/20 21:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<ひとりだと | ホーム | さくら>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/265-a42c1ff2
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |