天候と撮影
        ≪天候と撮影≫

        写真を始めたのは6、7年前、地域のカルチャースクールで。
        絞りがどうの、露出がどうのという解説は多少あったが
        中途入会者の私は撮影の基礎をほとんど積んでいない。
        「光」を読むと言う意識は今もほとんどなくって
        通りがかりに面白そうなものに遭遇すると
        シャッターを押しているに過ぎないスナップ写真。
        曇天も晴天も雨天もどんな特徴があるのかなどについての認識がない。
        こんな自分がとりあえず写真が撮れるのはデジタルカメラの性能のせいだろう。

        ただ、たまにしか体験しないためなのか、この頃は雨天時の撮影が結構、好き。
        湿ったモノ、濡れたモノが好き。
        何か情緒を感じるからだろうか?

        そうは言え、実際にはなかなか、雨天には撮影しない。
        友達と約束して、その日がたまたま雨に遭遇してしまった・・・
        そんな時、撮っているに過ぎない。


        スポンサーサイト
        【2017/06/13 22:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<世界は変化を求めている! | ホーム | 郊外の暮らし>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/271-1b7714af
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |