人を隔てる壁
        ≪人を隔てる壁≫

        メキシコとアメリカの国境沿いにはトランプが作らなくても
        既にかなりの部分、壁は築かれている。
        その国境沿いの壁にまつわるドキュメンタリー番組を見た。

        不法移民でメキシコに強制退去させられた父と
        アメリカに残り、結婚し子(孫)をもうけた娘。
        娘も不法移民だから孫の顔を見せにメキシコに帰ることはできない。
        二度とアメリカに戻れなくなるかもしれないからだ。

        娘と父、孫は壁越しに再会する。
        壁には小さな隙間はあるから、会話を交わしたり
        顔を拝むことはできる。
        しかし、指先ひとつ通すことはできない隙間。
        このシーンを見ていて思った。
        人は会話を交わしたり、顔を見るだけでは満たされないのだ。
        抱きしめて互いの存在を確認したいのだと。

        流し?の歌い手である父は孫のために作曲した唄を壁越しに歌って聞かせる。

        切ないシーンだった。


        *メキシコは長い間スペインに支配され、独立運動の末、
        独立を勝ち取ったものの、その後はアメリカに長い間、内政干渉されているとのことだ。
        スペインからの独立運動を記録したディエゴ・リベラなどの壁画運動は大変有名だが
        メキシコの歴史を語るに欠かせないものだ。
        スポンサーサイト
        【2017/08/03 21:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<とんでもない人が… | ホーム | 楽庭の夏>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/278-0cb4d01a
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |