光と影の詩人 藤城清治 被災地を描く
        ≪光と影の詩人 影絵作家 藤城清治 被災地を描く≫

        光と影の詩人として誰でも1度は目にしたことのある
        影絵作家 藤城清治の美術館が今年
        新たに那須高原に誕生したという。

        白樺湖などにもすでに氏の美術館はあるが
        この美術館は美しい庭園もある
        本格的なもののようである。

        初めて氏の美術館を訪れたのは白樺湖である。
        時間つぶしくらいの気分で入った美術館だったのだが
        氏のファンタスティックな世界に魅了されてしまった。

        オリジナルの技法で編み出された
        メルヘンの世界は、早くからマスコミで用いられ
        知らぬ人はいない。

        ことし89歳になられたようだが
        昨年、被災地を訪れ、作品に仕上げられ
        発表されたようだ。

        藤城清治3

        藤城清治

        藤城清治2



        「この大災害に遭遇し、これを絵にすることは
        同時代に生きた作家としての使命である。」
        と語る。

        防護服を身につけ、福島をスケッチする姿がネット上にも見られる。
        スポンサーサイト
        【2013/09/14 22:27】 | 映画 絵画 音楽 TV など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        <<宮崎 駿 「風立ちぬ」は劇場でみるべし! | ホーム | 爽やかカボススカッシュ!>>
        コメント
        コメントの投稿














        管理者にだけ表示を許可する

        トラックバック
        トラックバックURL
        →http://rakugarden.blog.fc2.com/tb.php/94-80e0d5d3
        この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
        | ホーム |