会津訪問
        ≪会津訪問≫

        仕事で会津に行った。
        以前にも一度訪れたことはあったが
        駆け足旅行で、市内については記憶はおぼろげにしかなかった。

        仕事の合間に鶴ヶ城などを訪ねることができた。
        鶴ヶ城は昨年の大河ドラマ「八重の桜」にも登場したので
        ぜひ訪れてみたかった名所である。

        明治政府の「廃城令」で全国の多くの城が取り壊されたようであるが
        鶴ヶ城もその一つである。
        昭和になって再建されたようであるが
        ここは「戊辰戦争」のおり、大砲などで砲撃されたりして
        無残な姿にもなってしまったことでも知られる。

        そして、今回、大変すばらしい城の案内ボランティアさんに巡り合って
        丁寧な解説を受けることができた。

        鶴ヶ城



        ボランティアさんによると
        15世紀半ばには鶴ヶ城の母体となる黒川城、
        そしてその城下町が築かれていたようである。
        城の石垣は400年の歴史があるらしい。
        早くから会津は東北の要としての地位にあり
        伊達家、上杉家などを城主として仰いでいたようなのだ。

        また、会津の無念の歴史「戊辰戦争」では
        3千余人もの戦死者を出し、そのほとんどの者が
        弔いを受けることもできず、野ざらしにされたのだと言う。
        鶴ヶ城の敷地にはおおきめの井戸が7ケ所あるが
        井戸などに投げ入れられたりした遺体も多かったのだととも言う。

        また、「弔い」をした人もいたのだが
        その「者」には明治政府により、「切腹」が命じられたのだと言う。
        「勝てば官軍、負ければ賊軍」とはこのことである。

        城の歴史を辿れば、興味あることがいっぱい出てくるだろうなと
        にわか歴女は思うのであった!

        鶴ヶ城はどの角度から見ても、素晴らしく美しい姿をしていた。
        周囲に高層ビルなどがなく、遮るものがないことも貢献しているようであった。
        また、瓦は赤瓦で、会津に見られる特徴である。
        赤瓦は長い期間、積雪にみまわれても、ひびなど生ぜず、耐久性があるらしいのだ。

        避難所



        また、原発の被災者の避難所になっている仮設住宅を訪れることもできた。
        ここに避難している方々は福島の「浜通り」の住民で
        雪深い会津とは大いに風土が異なるらしいのだ。
        温暖な「浜通り」の人々はいきなり4メートルも積雪のある会津の冬を
        仮設住宅で過すことになってしまったのである。

        いろいろ思うところのある会津訪問となった。
        【2014/06/23 17:33】 | 旅便り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        広いっていいね! フジプレミアムリゾートホテル
        ≪広いっていいね! フジプレミアムリゾートホテル≫

        週末は河口湖で、父と弟と待ち合わせ、家族旅行をした。
        父の移動は車椅子だったが、今はいろいろな観光地で
        バリアフリー化が進み、車椅子対応をしてくれるので
        それなりに十分、楽しめたと思う。

        利用したホテルも、広~い敷地に、たくさんの緑に囲まれた
        おしゃれなホテルだった。
        フジプレミアムリゾートホテル。
        お部屋もすごく広くて快適だった。
        V字型の窓が素敵で、緑にどっぷり浸ることができ、
        疲れた心を癒すことができた。
        ああ、広いっていいな、緑っていいな。
        心が解き放されるようだった!

        フジプレミアムリゾートホテル



        河口湖での待ち合わせ時間には、少し時間があったので
        前から行ってみたかった富士スバルラインで富士山5合目に行ってみた。
        朝晩はまだ相当冷え込むようなので、大丈夫かな?とも思ったが
        行ってみると、除雪され、昼間は快適な気温。
        富士スバルラインは初めてだったが、遠目に見る富士とはちがい、
        迫力を感じ新鮮だった。

        富士 5合目



        散策できるコースも、2,3ヶ所あり、楽しむことができた。

        明るい性格の弟と一緒に行動するのも、楽しい。
        弟は息子が二人いるが、家族は友達家族っていうのがぴったりで
        ワイワイにぎやかな明るい家庭を築いている。
        良い週末だった!
        【2014/05/27 19:14】 | 旅便り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        再び 妙義神社へ
        ≪再び 妙義神社へ≫

        今日は再び 妙義神社を訪れた。
        約1ヶ月ぶりだ。
        今日はここでシンセサイザーのコンサートがあると知っていたので
        そのコンサートを聴くのと
        そして、写真撮影のために訪れた。

        神社のタンポポ


        樹 そら 雲


        コンサートはすがすがしい新緑の下
        樹陰に守られながら、その場にふさわしい曲が奏でられた。
        キム シン氏の演奏。
        パンフによれば、「音楽で地球を丸ごと包みたい」という抱負をお持ちのようで
        宇宙のような壮大なイメージを感じられた。


        やや、気になることもあったが、何しろ、素晴らしい環境と
        すがすがしいお天気に恵まれ、私は
        市井のつまらないあれこれを忘れて、しばし、聴き入った。
        樹と空と雲を見上げながら・・・。

        【2014/05/17 22:37】 | 旅便り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        妙義山 桜と神社と…
        ≪妙義山 桜と神社と…≫

        週末、妙義山へ出かけた。
        桜のシ-ズンは忙しくて、妙義の桜は一度も見たことがなかった。
        ネットで調べると、妙義神社という名所もあり、枝垂れ桜が
        大層、美しいようだ。
        関東の生まれではないので
        妙義神社のことは知らずに、これまでは通り過ぎていた。
        桜見たさに訪れてみたのだが、行ってみて驚いた。

        大変に美しい、気品ある装飾があでやかに施され
        日光の東照宮にも引けを取らないものだったからである。

        妙義神社1


        後で調べたところ、創建は五三七年ともあるから
        相当な歴史のある建造物ということになる。
        数年前に台風で被害を受け、昨年末にようやく
        修理が終わり、5年ぶりに公開されたばかりだと言うではないか。


        妙義神社2



        あいにく、枝垂れ桜は早々に散ってしまった後であったが
        すみずみまで品格の高い装飾、建造物は
        十分に見ごたえあるものであった。
        ここは、おすすめである。
        時代もののロケにも頻繁に使用されるというのもうなずける。


        _DSC6843 (2)
                      満開の桜と妙義山


        その後、妙義山の桜の里へ向かった。
        温暖化で桜の開花は速まっており
        もう、遅いかと心配だったが、ちょうど、満開だった。
        鋭く切り立った、妙義の山と、たおやかな桜が絶妙のコンビネーション!
        暑くもなく、寒くもない桜日和に恵まれて
        久しぶりのハイキングを楽しむことができのだった。
        【2014/04/21 21:12】 | 旅便り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        避暑地 日光方面へ
        ≪避暑地 日光方面へ≫

        遅い夏休みをとって日光方面へ出かけた。
        日光がこれほど涼しく感じられたことはなかった。
        朝夕などは肌寒いくらいに感じたが
        それは、今年の夏があまりに暑いせいだろう。

        今年は湯西川温泉郷方面へ足を伸ばし、
        奥鬼怒、奥日光というコースで回った。
        2年ぶりに登山も。

        地図も用意せずに、軽いハイキングくらいの気分で登り始めたのだが、
        田代山湿原までは、ずーっと、急な山道できつかった!!

        でも、高度2000メートル弱の田代山湿原は、別世界だった。
        大パノラマが開け、北関東の山々を見渡すことができる別天地だったのだ。
        可憐な高山植物もあちこちに顔を出して。

        田代山湿原
               田代山湿原

        その後は緑、緑のグリーンシャワーの林道ぬけ
        奥鬼怒方面、湯ノ湖方面を訪れた。
          


        涼しくって、それだけで幸せ!!
        緑、緑のグリーンシャワー。
        すれちがう車も人もほとんどいない林道は
        少し怖いくらいだったが
        清々しい休暇になったのでした!!

        また、はじめて訪れた、湯西川温泉には、
        平家の落人伝説があり、「平家の里」というものがあった。

        1, 2年ほど前に宮島を訪れたことがある。
        平清盛が建設したという厳島神社を訪れることが、
        長年の夢だった。

        平家の里
               平家の里より

        「平家の里」は民具のような展示物が中心だった。
        落人となった、平家の人々のかなしい末期は
        あまり、知ることはできなかったが、
        良く手入れされた庭は清々しかったで~す。
        【2013/09/01 11:28】 | 旅便り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
        前ページ | ホーム | 次ページ